シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます

蒼山 響

信念


    あるところに18歳でありながらも、反国際的組織のアジトを単身で壊滅状態まで脅かした男がいた。

    その男が何故に力を振るうのだと訊かれれば、こう返答しただろう。

「妹を守るために」


    また、あるところに齢13歳でありながら、世界各国の学者達の不落を極めた天文学的問題に対し、僅か数分で解を求め出した少女がいた。

    その少女へとその知能数の秘訣を訊かれたのなら、こう返答するだろう。

「お兄ちゃんとの愛の力」


    そんな天才的な能力を宿している兄妹の手に掛かれば、世界的有名人になり莫大な財を手にする事も容易であろう。
    その知能があれば、世界の技術力は二世代、いや三世代は発展へと向かうだろう。
    その武力があれば、世界の犯罪組織の全てを潰し、平和な世を作ることが出来るだろう。

    だが、2人の事を知る人間は政界でも一握りの数しか居ない。

    何故なら2人は最低限の依頼しか受け付けない。

    理由は単純明白。

「「妹(お兄ちゃん)が一緒なら地位も財力も要らない」」

    この兄妹は二人揃って初めて最強の『文武両道』に成りえる。

    そんな自由奔放な2人は今日も暇潰しにその力の片鱗を振り翳し、世界情勢を狂わせていくのであった…

「シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く