スーラの夜明け

ノベルバユーザー146664

・を打つ

・は静かに、その紙面に打たれた。トンという打点音とともに生まれた穴から息を吹き返すかのように、まだ流動的な体をふるふると動かしながら、その体を徐々に硬くしていった。

「スーラの夜明け」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く