間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

国王

朝6時 今日はこの国の王と面会することになっている。
部屋を出てリビングに向かうとそこには2つの人影があった。

「ん? 珍しいなこんな時間に起きてるなんて」

2つの人影……アリアとリーザがそこにいた。
どうやら2人ともゲームをしているようだ。
……毎日このぐらい早く起きてくれれば文句は言わないのにな

「おはようございます……ふぁぁ」


「兄ちゃんおはよ……」

違ったこいつら徹夜だ 目の下に大きなクマが出来ている。

「いや……うん おはよ」

そんなやり取りをしてると上から足音が近づいてきた。

「ますた~ りーざさま~ ありねぇ~おはよ~」

アリネェとか初耳なんですけど

「フェルも珍しいなこの時間に……」

「zzz」

「……」

まぁこうなるよな

「はぁ まぁいいやお前ら出かける準備しとけ……」

「「「zzz」」」

寝てる!?



3時間後

「んー? あれ寝ちゃってましたか?」

どうやら一番最初に起きたのはアリアのようだ。

「ん? ああおはよ」

「あっおはようございますユウトさ……ん……」

「おーい寝るなー」

その時、俺の頭の後ろに何かが引っ付いた

「マスターーー」

「ぐはっ!」

あまりの衝撃にバランスを崩し、前に倒れてしまう
俺の前に立っていたアリアは危機一髪で横に避けた……しかしその奥には……

「ん~あと5分~」

いまだに寝ているリーザの姿があった

「あ」

「ん~ん?」

そして、ギリギリ起きたリーザが何かを叫ぶ

「システムコール! 完全無敵結界パーフェクトシールド発動!」

「は?」

ガン!

俺がリーザにぶつかるあと一歩のところで
何かに防がれて床に倒れてしまった
ここまで僅か2秒の出来事である

「もー兄ちゃん危ないんだけど」

「フェルちゃん気をつけてくださいね」

「あははごめんなさーい」

「もー兄ちゃん朝ごは……死んでる……」

「「へ?」」

「いき……てる……から」

こうして俺は気絶し新しい一日が始まろうとしていた。



10分後

「はい……ました……ええ……いえ」

この声は……アリアか? 何て言っているんだ?

「あ……了解……いえ」

少し目を開けるとTVでゲームをしているリーザとフェル、そしてスマホを耳に当て会話をしているアリアの姿が見えた

「ん……ここは?」

「おっ兄ちゃんおはよ」

「マスター大丈夫?」

いつの間にかに近づいてきたリーザとフェルが心配そうに声をかけてくれる。
そして視界の奥にはいまだに耳にスマホを当てているアリアの姿がハッキリと見えた。

「いえいえ~はーい伝えておきますね~」

なんだただの電話……
ん? 電話? いったい誰と……
いまだに心配そうにしているフェルとリーーーザはもうTVの前でゲームをしているな……
それは置いといてここは「異世界」だ
俺たちが異常なだけであって他は異世界ライフをしているはずだ
せいぜいスマホを使っているのはリーザやフェル、アリアまぁそのくらいだろ
てかアリアにスマホを持たせていいのか?
一応純粋な異世界人なんだか……

「なぁ アリアは誰と電話してるんだ?」

「「?」」

不思議そうな顔をする二人だがシンクロしたかのようにアリアの方を見ると……

「そんな大丈夫ですよ! あっはい伝えておきますねー はーい」

『ピ』っと言う音と共に電話切ったアリアがこっちを向いた?
するとアリアも不思議そうな顔した

「どうしましたか?」

「ねぇアリっち……誰と電話してたの」

……こいつらまさか気づいてなかったのか?

「誰って……国王様ですよ?」

なに言ってるんですか?みたいな顔でアリアは答えた

「リーちゃんですよね? 国王様にスマホを渡したのは?」
 
「いや……違うよ?」

「「……え?」」

「いやだって……え?え?」

アリアは混乱している!

「ちょっとアイツ一発ぶん殴ってくる!」

リーザは家を飛び出した!
カオスかよ……なんだこれ

「で、その国王様が何で電話を?」

「あっ、それがですね『今日特別な会議が出来ちゃったから電話で要件だけ伝えとくね~』だ、そうです」

「要件?」

「ええ、どうやらとあるモンスターを倒して欲しいらしくて……」




お久しぶりです
Leadです
いやーテストとか忙しすぎて更新頻度がどんどん下がっていきますねー
本当にごめんなさい
次は出来るだけ早めに公開しますので……

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く