間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

圧倒

「この小娘がぁ  一体何をしたんだ!」

フェンリルは、瀕死の重症を負っていた

「俺だよこの狼野郎が」

「貴様は!? さっき殺したはず!?」

「ユウ..ト..さん?」

アリアの目の前に現れたのは、紛れもない裕人本人だった

「フハハハ 面白いぞ  面白いぞ小僧!」

「なんだ ただの戦闘狂か」

「今度こそ死ねぇぇぇ」

フェンリルの爪が裕人に襲いかかる

反射リフレクション

その声と共に裕人に当たるはずの攻撃がフェンリルに当たる

「ぐはっ」

「やっぱりこれチートだな」

「こ、小僧 一体何をしたんだ!」

フェンリルの体は、もう血だらけだ

「お前の攻撃を利用しただけたよ」

「くそぉぉぉ死ねぇぇぇ」

「お前バカだろ
反射リフレクション

またもやフェンリルの攻撃がフェンリル自身に当たる
そしてフェンリルは、力尽きる

「あっけなかったな」

裕人は、アリアの側による

「ただいまアリア」

「ゆ、ゆ、幽霊だぁぁぁ」

アリアは、その場で気絶してしまった

「...えぇせっかくのシリアスシーンなのになー」

仕方がないので裕人は、アリアを運ぶことにした

(せっかく戻ってきたのになー)

「まぁいいか」

裕人は、アリアとフェンリルの死体を持って町に戻った
町につくと裕人は、急いでギルドに行った

「何でこんなに大きな死体を持ってきてしまったのだろうか」

神獣だし素材が高く売れるだろと思っていたら町に入ったとたんに職務質問的なものされるし町の人から変な目で見られるしでさんざんだった

「まぁ普通の反応か」

裕人の背中にはかなりの美少女を背負い 手には血だらけの2メートルは、ある狼を持っていた

「換金お願いしますー」

「かしこまり..ました」

職員もあまりの大きさの狼に驚く

「えっとこれは..これで」

職員が悩んでいる間に裕人は、アリアをおろして一息つく

(それにしてもいきなりラスボス級のやつだったな)

裕人がそんなことを考えていると

「あのーこちらの素材なんですがここじゃ買い取れないんですよ」

「えっ?」

「あまりにも素材の金額が高すぎてこのギルドじゃ買い取れないんですよせめて国の中心部にあるギルドの方じゃないと..」

「えぇー」

「大変申し訳ございません一週間ほどかかっても宜しいなら買い取りできますがいかがでしょうか」

「あーじゃあそれで」

ギルドの職員にそういうとアリアを持って家に帰ることにした

「ただいまー」

裕人は、そう言うとあることに気がついた

「なんだこの音?」

リビングに行くとそこにいたのは、















「兄ちゃんおかえりー」

ゲームをしていたリーザだった




なんかグタグタになっちゃたなー
きっと熱のせいだー
すみませんでしたm(__)m

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く