間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

「はっ!」

身体を起こすとそこは、

「俺の...部屋...」

(夢だったのか..)

裕人は、枕の横にあったスマホをつける

「日にちは、変わってないな..」

足がまだ震えている

(本当に夢だったのか?)

あの時裕人が感じたのは、紛れもない痛みだった

(血が出ていないやっぱり夢か)

「ファイアボール」

しかしなにも起きなかった

「顔でも洗うか」

裕人は、洗面台で顔を洗い部屋に戻ってくると
スマホの画面を見る

「5時か」

いつもならもう一度寝ている時間だが完全に目が覚めてしまったので散歩に行くことにした

「まだ結構暗いな」

(本当に長い夢だったな)

「ん?」

足元に100円が落ちている

「おっラッキー」

しかし何故だろう

「はぁ」

裕人の表情は、曇っていた

「コンビニにでもよるか」

コンビニで飲み物を買って行く

「平和だなここは」

(帰るか)

裕人が道路渡ると突然車が現れた

「!?」

(は?)

身体が動かない意識が遠くなってゆく
この感覚は、

「2回目だな..」





目を覚ますとそこは、真っ白な空間だった
目の前には、少し派手な椅子があった

(ついに死んだか..)

辺りを見渡すと椅子の奥にテレビを見ている
1人の少女がいる

「あははは」

テレビを見て少女が爆笑している

「....」

「何でそうなるのさ」

全然こっちに気がつかない

「あははは..は?」

気がついたようだ
少女は、しばらくこっちを見つめると椅子に向かって歩き出した
椅子に座った少女は

「迷える子羊よそなたは、どうしてこのような場所へ?」

美しい声で少女が話しかけてきた

「いや、もう無理だろ」

「な、何のことでしょうか?」

俺は、奥に散乱していたお菓子のゴミやつけっぱのテレビを指差した

「あっ」

「...」

少女は、微笑みながらこちらに近づいてきた
その刹那

「うぉりゃあああ!」

少女がぶん殴ってきた
俺は、10メートルぐらい吹っ飛んだ

「はぁ?」

少女が近寄ってきて

「お目覚めになられましたか?」

「お前急になにするんだよ!」

「ちっ   まだ忘れてないんかよ」

更に少女がぶん殴ってきた

「おいやめっ」

ボコ

「マジで死ぬから!」

ボコ

「...」

「あっ死んじゃた?」

「今だぁぁぁ!」

ユウトは、逃げ出した
しかし周りこまれてしまった

「お、おい話し会おうぜ」

これ以上受けたらマジで死ぬ

「ここまでしてダメならもう無理かぁ」

諦めてくれたみたいだ

「とりあえず兄ちゃんは、誰だ?」

「まずお前が名乗れよ」

頭がじんじんするのをこらえて少女に聞く

「そうだったな私は、《女神リーザ》だよろしくな兄ちゃん」

「女神だと?」

「これでも一応神なんだぜ」

暴力の神だな

「で兄ちゃんは、誰だ?」

「俺か?俺は、裕人だ影山裕人」

「で兄ちゃんは、何でこんなところにいるんだ?」

「死んだらここにいた」

「うーんてことは..兄ちゃんが次に召喚される人か?」

「召喚?」

「そうだよ召喚」

「へぇー」

「興味なしかよ!」

「いやまぁ興味は、あるけど..」

さっきまで異世界の夢見てたから実感がない

「でもなぁさっき召喚したばかっりなんだけどなー」

「さっき?」

リーザから話を聞くと召喚されたものは、勇者として
その世界の脅威となるものを倒してもらう代わりに
能力を一つ渡すらしい
その勇者が死ぬとまた新しい勇者を補充するらしい

「兄ちゃんの死因は?」

「一応事故死なのかな?」

「一応?」

「急に目の前き車が現れたんだよ」

「あーそれはあれだねあのジジイだな」

「誰だ?そいつ」

「神のトップの創造神だよ」

神のトップをジジイ呼ばわりって
流石リーザさん

「ジジイに召喚する人ランダムでここに呼んでーって頼んどいたからかなー」

「なんとも迷惑な」

「それじゃあ召喚するから能力決めてもらっていい?」

リーザがスマホを取り出して渡してきた
画面には、最近話題だったソシャゲのガチャが開かれている

「兄ちゃん!そのガチャで星5を出したら強い能力あげるからお願いします!」

「そんな決め方でいいのかよ」

俺は、文句をいいながらガチャを引く
虹の演出がでる

「キターーー!」

出たのは、最高ランクの星5だった

「兄ちゃんスゲーー確率0.2%だよ!?」

「じゃあさっさと能力をくれよ」

「じゃあそこにあるくじから引いてねー」

ガチャの意味がない
仕方がないのでくじを引くそこに書いてあったのは

















反射リフレクション




リーザのキャラに悩んだ結果こうなってしまった..

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルス・ギルバート

    確率0.2(おみくじ)

    0
コメントを書く