間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

ギルド

「ここがギルドか」

目の前には、二階建ての木造建築が立っている

「ギルドカードを作りに行きましょう!」

そうして俺たちは、ギルドの中に入って行く

「あまり人が居ないな」

「昼間ですから」

そんな会話をしていたら受付に着いた

「いらっしゃいませ本日はどのようなご用件でしょうか?」

ギルドの店員かが、営業スマイルで話しかけてきた

「えっとギルドカードの発行をしていただきたいのですが...」

「はい!登録でよろしいでしょうか?」

「はいお願いします」

「少々お待ちください」

ギルドの店員が一枚のカードと針を取り出した

「ここに血を1滴お願いします」

言われた通りにに血を1滴カードに垂らした
そうするとカードが光出した

「おぉー」

「登録完了でございますこれからお仕事の説明をさせていただきます」

ギルドの店員さんが言うには、ギルドの仕事は掲示板から取って受付に持ってくれば受注完了だそうだ
つまりクエストをクリアすれば、報酬が貰え失敗すれば違約金が発生ずるそうだ

「Eランクスタートかー」

ギルドのランクは、E~Sまであるらしい
...うん日本人だねこれは
ちなみにアリアは、もう登録してありDランクらしい

「とりあえずなんか受けてみましょうよ」

「そうだなー」

薬草の採取
ランクE
報酬100ゴールド

犬の散歩(1時間)
ランクE
報酬100ゴールド

ゴブリンの討伐
ランクD
報酬1000ゴールド

....安いな
ちなみにさっきアリアから聞いた話によると1ゴールドは、 1円とあまり変わらないことが分かった
命懸けでゴブリン倒して1000円って..

「ユウトさん~どれにしますかー」

「とりあえずゴブリンにしとくか?」

「ユウトさんは、死にたいのですか?」

「ゴブリン位勝てるだろ?」

「この依頼を見てくださいよゴブリンが何体いるかなんて書いてませんよ」

確かに ....危ないところだった
ゴブリンは、集団戦闘が得意な魔物だったらしい

「じゃあ薬草の採取で..」

「そうしましょう」

こうして俺達は、薬草の採取へ向かった

「....どれが薬草だ?」

辺り一面草が生い茂っている草原で薬草を探そうとしてる..無理があるな

「ユウトさんユウトさん」

「どうした?」

「こんな時こそスキルですよ!」

「あ!鑑定か!」

「そうですよ!」

「よし     《鑑定》」

鑑定を使うと自分の回りの草が何の種類か分かる気がしてきた

薬草   薬草   薬草   毒消し草   薬草  薬草  
結構薬草が多いなぁ
薬草   薬草   薬草   ゴブリン   やくそ...

「!?」

薬草を集めているとゴブリンが寝ていた

「おお!チャンスですよユウトさんザクッと一狩しましょうよ!」

「よし」

俺は、出発前に買った短剣を構えてゴブリンに近づく
近くで見るとかなりキモい
よし早く殺そう

「ギィィィィ」

ゴブリンが断末魔をあげながら息を止めた
俺の初戦闘は、あっけなく終わった

「倒したのか..」

あまりいい感触ではないな

「おめでとうございます!ユウトさん!」

こうして俺達は、ギルドへ報告に帰ってきた

「お疲れ様です  しっかり薬草10本お預かりしました
こちら報酬の100ゴールドです」

「ありがとうございます   あのー魔物の素材ってどこで売れますか?」

「素材の買い取りは、裏口でやってますよー」

「ありがとうございます」

俺は、軽く会釈してその場を離れた

「終わりましたか?」

「ああ」

「じゃあゴブリンの素材を売りに行きましょう!」

俺達は、ギルドの裏口にある素材買い取り屋に入った

「いらっしゃい!」

「あのーこれを買い取ってほしいのですが」

そう言って俺は、ゴブリンの革と牙を店員さんに渡した

「えっと2つ合わせて500ゴールドでいいかい?」

相場が分からないのでアリアに視線を送る
アリアは、それに気がついたようで頷いている

「はいお願いします」

「毎度あり!」

500ゴールドをもらって買い取り屋を後にした

「ゴブリンって結構良い金になるんだな」

「まぁDランクの魔物ですしね」

こうして俺の冒険者生活1日目が終わった








「大変です!」

「どうした?」

人間族ヒューマンが勇者の召喚に成功したそうです」

「やはり来たか」

「どうされましょうか?」

「そうだなお前に任せよう」

「かしこまりました」


















「《魔獣王》様の仰せのとうりに」

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く