間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

間違い

「説明してもらおうか」

俺の名前は、影山裕人 まぁ何処にでもいる高校生なのだが今は、異世界にいる


「はい...」

彼女は、俺を異世界に呼んだ張本人アリアだ。

「あのですね実は、今回呼ぶはずだったのは、
《カズキ》という人だったんですけど..」

アリアが申し訳無さそうに言ってきた

「何でそこまで分かるんだ?」

「それは、この《預言書》が教えてくれました」

アリアが取り出したのは、派手な装飾の本だった

「《預言者》は、だいたいの未来を教えてくれる魔道具ですのではずれることがありますので..」

「だったら俺が勇者の可能性があるんじゃないか?」

「それならステータスの2ページ目を見てくだされば分かります」

2ページ目なんてあったのか知らなかった
俺はステータスが書いてある本を開いた
ーーーーーーーーーーーーーーー
影山裕人                                      1/2
Lv17

120/120
220/220

筋力125
賢さ103
素早さ132
運10
ーーーーーーーーーーーーーーー
どうやらこれが1ページ目らしい

「2ページ目は..」

ーーーーーーーーーーーーーーー
《スキル》                                  2/2
《魔法適正》
《称号》異世界の一般人
ーーーーーーーーーーーーーーー
確かに称号に一般人と書いてあるな...

「なぁ」

「なんでしょうか..」

アリアさん相当落ち込んじゃてますね これは

「俺はもとの世界にもどれるのか?」

「無理です」

きっぱり言われてしまった

「じゃあ初代勇者は、どうやって帰ったんだ?」

「勇者様達は、伝説では元の世界に帰ったと言われていますが実際は、行方不明になったと言われています」

「終わった....俺の青春....本当に..終わった」

「ユウトさんは、これからもどうしますか?」

「どうするって言われても....」

「そうですよね....」

本当に困ったことになった、いきなり異世界に連れてこられてそれが間違いと言われるとは思っていなかった

「あの~よろしければしばらく家に泊まっていってください今回の事は自分のせいなので....」

「じゃあお言葉に甘えて泊めてもらおうかな」

「じゃあそのあとなんですけど..」















「冒険者ギルドに行ってみたらいかがてしょうか」



そろそろ戦闘シーンを描きたい(--;)

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く