間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

ステータス

「貴方の世界から見たらそうなりますね」

「異世界ねぇ」

「信じてもらえましたか?」

「まぁ信じるしかないしな」

(異世界と聞いたらまずは...)

「ステータスオープン!」

「なにしてるんですか?」

「......」

できないんかい
異世界と言ったらこれだとおもったのだが...そして少女の視線が痛い

「あのー」

「ん?」

「自分のステータスは、これがないと見れませんよ」

あるんかいステータス
そこで少女は、一冊の本を取り出した

「これを持ってください」

「わ、分かった」

その本を持って中を見るとそこには、
ーーーーーーーーーーーーーーー
影山裕人                                      1/2
Lv17

120/120
220/220

筋力125
賢さ103
素早さ132
運10
ーーーーーーーーーーーーーーー
「本当にゲームだなぁ」

しかし俺は、あることに気がついた、

「運が10って」

まぁこの世界に連れてこられた時点で運がないな~とは、思ってはいたがここまで低いとは、思っていなかった
なぜ運低いか分かるって?
それは、これのせいだ
ーーーーーーーーーーーーーーー
アリア                                        1/2
Lv35

650/650
930/930

筋力336
賢さ569
素早さ423
運390
ーーーーーーーーーーーーーーー

「どうでしたか?」

「なぁアリア」

「?どうしましたか」

「やっぱりあんたか」

「?」

俺は、アリアに自分のステータスを見せた

「......」

アリアは、固まって動かない

「どうした?」

「ま、ま、まさか」

(ああ なるほど俺のステータスが高すぎて驚いているのか)

「どうなんだ?」

俺は、わざとらしくアリアに聞いた
アリアは、本を閉じてこっちを見てきた

「正直に言いますが、怒らないでくださいね」

「?」














「召喚する人、間違えてしまいました」

「は?」




次回最初に戻ります!

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • dool423875

    面白いです。
    頑張って下さい

    4
コメントを書く