間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

異世界

「魔獣王?」

「はい貴方には、魔獣王討伐に向かって頂きます」

いきなり少女言われたことに混乱していた
魔獣王? 聞いたことがない単語だスキルのことも気になる

「.......」

「順番に説明していきますね、まず魔獣王というのは
《魔獣の王》と言う奴なんですが魔獣王を討伐するには、《異世界人》である貴方の協力が不可欠でした、そこで我が一族は、《勇者》の召喚を試みました。
そこに現れたのが《初代勇者》でした。
その勇者様は、なんと三日で、魔獣王を討伐してしまいました。そしてその勇者様は、もとの世界に帰ってしまわれました。そのあとも約千年に一度新たな魔獣王が現れるたび勇者様を召喚し続けました。そしてその第五十二人目の勇者様があなたです!」

訳がわからなかった、まるで自分がゲームの中に入ったかのような感覚がした。
正直まだ信じられないがなんとなく嘘は、言っていない気がした

「分かっていただけましたか?」

「.......」

「あの~」

「なぁ」

「?」

「ここは、何処だ?」

「私の家ですけど?」

「いや、そうじゃなくて..」

俺が気がついたのは、窓の外に見える日本では、あり得ないような光景だった。中世?辺りの町並みに巨大な城、まるで本当にゲームの中に入ったような気がした。

「あっそうでしたね、この国の名前は、《レン王国》と、言います」

「レン王国か」

「この国の名前は、初代勇者様の名前がもとになっているそうですよ」

「なるほど」

(センスがないような気がする...)

「つまりここは、











《異世界》か..」



次回、主人公のステータス公開予定!

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く