間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

プロローグ

「説明してもらおうか」


俺の名前は、影山裕人 まぁ何処にでもいる高校生なのだが.....


「はい...」



数時間前

朝起きたらそこは、自分の部屋では無かった

「知らない天井だ」


体を起こしてみると本がかなりあった
そのなかに白い髪の美少女が本を読んでいた

「夢か」

俺は、その少女に近寄った

「△▼★※#○□▼」

「は?」

「▼◎■#◇★■■」

「えっと」

聞き取れない、日本語でも英語でもない言葉で話しかけているようだが分からないので寝ることにした

「!?」

「zzz」

「■◎#※□○△△」

なんかうるさいのでもう一度体を起こして少女を見つめると少女も見つめられていることに気がつき

「△□▼※#★■■□」

「だから何て言ってるんだよ」

「★□」

どうやらこっちの言葉は、わかるようだ
俺が何て言っているか分からないと言うと
少女は、急いで奥の部屋から何かを取り出した

「□■■#∧◎※▼」

「食べろってことか?」

そう聞くと少女は、頷いた
仕方がないので一口食べると林檎のような味がした
その時、

「言語理解を取得しました」

と、機械的な声が聞こえた

「なんだこれ」

すると少女が

「あーあー聞こえていますかー」

「!?」

「大丈夫そうですね」

「えっとこれはなんだ?」

「今食べたのは、《スキルの果実》というものです」

「スキル?」

「まぁその辺は、置いといて今からあなたには....」












「魔獣王を倒してもらいます」



初めましてLeadです!
初投稿なので誤字などがあるかもしれませんがお許しくださいm(__)m
これからもよろしくお願いします(≧∇≦)

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルス・ギルバート

    ???「次にお前は「は?」と言う!」

    0
コメントを書く