もしも変わってしまうなら

中津 国衙

逃げる

辛かったらわ
逃げていい
止まっていい
そんなの嫌だ

逃げたかったよ
でも無理なんだよ
矜持が邪魔をする
ちがう
怖かったんだ
弱かったんだ

僕は
逃げた
でも逃げた先の場所は
僕にとっては
暗く寒い場所だろう
これが僕の
望んだことなのか

ちがう
そうじゃない
僕はこんなこと望んでない
なのに
なぜここに来た

光が見えた

「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く