もしも変わってしまうなら

中津 国衙

寂しさ

さようなら
僕はあなたを
信じていました
でも
もうさよならです

ごめんなさい
あなたには
応えられなかった
恩人のあなたに
ずっと心友
だとおもっていた

僕はあなたを信じていました
頼っていました
でも
あなたは僕を
信じていなかったのでしょう
頼っていなかったのでしょう

もっと信じて欲しかった
もっと頼って欲しかった

笑ってるけど
本当は寂しかった

「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く