もしも変わってしまうなら

中津 国衙

最期

僕は最期に
何を思い
何を見るのだろう
人を見るだろうか

最期が見えたとき
僕は泣いているだろうか
人がいるななら
笑って欲しいな
悲しんだ姿は
大嫌いだから
最期を見てるのは
大切な人だと思う
あなたの笑顔は素敵だから
大好きだから
嘘で良いから
笑ってよ

あなたはいないかもしれません
明日は晴れですか
青空はきれいですね
晴天です
こんな縁起のいい日に
最期を迎えられたらな


「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く