もしも変わってしまうなら

中津 国衙

友達

ずっといっしょに
いたかった
ずっと友達だと
思ってた
そう考えて
いたのは僕だけですか

たくさん
あなた達とは
見えましたね
いつもの場所で
お互いに笑顔でした
僕はたのしかったな

言わなくても
分かると思っていました
言う必要はないと思いました
僕は馬鹿ですね
ずっと
永遠
そんなことは
ないのですね


「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く