もしも変わってしまうなら

中津 国衙

平等

人間はみな平等
ずっと
言われてきたことです
色んな 
偉人たちも
言っていますね

本当でしょうか
人には
貧と富の差があり
病それから
権力などの
差がある
幸せを知らずに
亡くなる人もいる
この世界を
ひと目も見ずに
亡くなる人もいる
不平等

たとえ
人間はみな平等
これが実現され
平等になった
じゃあ
他の生き物は
どうなるのですか

嘘をつかないでよ
人は平等
それを信じている人がいる
その人は
とても悲しいでしょう
この世界にを
恨み
人は平等と言った人のことを
無責任だと
言ってしまうでしょう

こんな
不平等な世界
嘘つきが
偏在する世界
みんな
平等に
滅んで
しまえばいいのに

「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く