もしも変わってしまうなら

中津 国衙

戦争

街がその面影すら
失い焼け野原です
なぜ戦うのですか
支配地
広げて何になりますか
人を支配して
楽しいですか

戦争は
英雄が
沢山生まれます
国を守った人と
肩書の英雄が
でも英雄はもう
大半が
絶命しています
戦争で
英雄は消えました

支配したい

ただそれだけのために
一つの欲求を
叶えるために
数十万人が
絶命しました
関係のない人も
巻き込んで
全て生き物を巻き込んで

人間と言う
身勝手な生き物によって
いろんな物が
この世界から
消えていきました

「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く