冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

冒険者は最強職ですよ? 5

「「ジン!」」

『貴様、今何をした!? なぜ生きている!?』

「なぜ生きている? 簡単じゃん。お前の攻撃を避けたんだよ」

『そ、そんなわけあるか! 確実に首を切断したはず……』

「それは残像だよ。お前でも俺のスピードに追いつけなかったってことだ」

『ありえん! ありえんぞぉぉ!!』

 さらに高まるエンドの力。それに比例するようにじ、ジンの力も跳ね上がる。

「行くぞ」

 地面を蹴るジン。それに反応してガードを作るエンド。そのガードの上から破壊的なまでの威力で殴打を繰り出す。

『ぬおっ!?』

 エンドのガードは簡単に崩れ、二打目の攻撃を腹に食らう。

『うっ……このっ!!』

 反撃するエンドの攻撃は、ジンの右頬に直撃。横に飛ばされ、壁に激突する。

「まだだ」

 すぐさま立ち上がり、エンドの背後に一瞬で移動する。それに少し反応が遅れるエンドは、距離を取るように振り返りながら移動する。

 ジンの攻撃は空振るも、すぐに攻撃手段を変更し、魔法を放とうとする。

 それに対抗すべく、エンドも両手を前に突き出し、魔法を放つ。

 お互いの魔法が中間の所でぶつかり、爆発する。

 煙幕の中、お互い同じタイミングで地面を蹴り、魔法がぶつかった所で拳が合わさる。

 それを見ているレッド達には、何が起こっているのかわからなかった。ジンとエンドのやり取りが速すぎて。

 一度お互いに距離を取る。煙幕が晴れ、お互いが睨み合う時間が続く。

 両者息一つ乱さず、いつでも反応出来るよう構えている。

『貴様のような人間は初めてだ。この私と同等に戦えるとは……』

「そんな事はどうでもいい。俺はお前を止める。ただそれだけだ」

『貴様は、本当に人間なのか? ただの人間ごときがそこまでの力を何故持っている……』

「俺は、ある人に頼まれた。魔王を止めろと。だから、それを果たすべく今まで鍛錬してきた。その成果がこれなんだ」

『成果? 貴様らの最高レベルは三百。それより上はないのだぞ?』

「俺に、レベルなんてものは無い。そしてどこまでも成長する。それが俺のユニークスキルだ」

『ありえん……嘘も大概にしろ!!』

 ジンの嘘かとも思えるような発言に腹を立てたエンドは、後先考えず突っ込んでくる。

 ジンは、それを立って待つのではなく、逆にこちらも突進をする。それに対応できなかったエンドは焦った表情を見せる。

 ジンの強烈な正拳突きは、エンドの顔面を捉える。その攻撃には、さすがのエンドでもかなりのダメージだ。

 後方へ飛ばされ、壁に激突したエンドは、ゆらゆらと立ち上がる。

『貴様はつくづく俺を馬鹿にしたがるな……なら、もう最終手段と行こうか……』

「最終手段?」

『邪神転生』

 そうエンドが呟くと、エンドからただならぬ殺気を感じ取り、ジンは牢屋の前へと移動する。皆を守るためだ。

「ジン、あれは何?」

「もしかしたら、ここが崩壊するかもしれない。だから……」

 ジンは魔法で牢屋全体にバリアを張り巡らす。

「ねぇ、ジン。まさか私達を置いてったりしないわよね?」

「俺はそんなことしねぇよレベッカさん。だけど、傷は負わせたくないから、バリアを張った」

 真っ黒なオーラを、コートを着るかのように纏うエンド。バチバチと黒い稲妻を纏い、眼球が黒く染まる。

「もし、ここが崩壊しても、この牢屋だけは守られる。だから、内側からなら簡単に出られる。その時はすぐに逃げろよ?」

「あなたは? ジンはここが崩れたらどうするのよ……」

「俺は頑丈だから、死にやしねーよ!」

 そうこう話していると、エンドの様子が少し変わる。

『我をこの身に転生させたか……いい判断だ。しっかり、貴様の行なってきたことを我が成し遂げようぞ』

『ジン、あれは邪神の中でも過去最強と謳われた神。その名をハデス……』

「ハデス……」

『貴様か。魔王をここまで追い詰めたのは。面白い。相手になってやろう』

「今、俺お前に負ける気しねぇわ」

『ほう? ならかかってきなさ……』

 突然鳴り響く轟音。牢屋にいた皆は耳を抑え、何が起こったのかジンの方を見る。だが、ジンが動いた様子はない。ただ、先ほどとひとつ違うの、魔王に転生した邪神が、そこに居なかったことだ。

「何が……起きたの?」

 すると、玉座のあった背後の壁に、巨大な穴が空いているのが見える。

「あ? 何が起きたのかって? 俺がハデスをぶん殴ったら、どっか飛んでった」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く