冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

冒険者は最強職ですよ? 4

『貴様……それを破壊したからにはもう容赦はしない。本気で殺しに行く』

 そう告げた直後、エンドから莫大な魔力を感知する。その瞬間、ジンの体が危険信号を出す。

 か、体が勝手に逃げようと……それほどまでに凄まじいのか……。

『ジン、これはまずい……ここまで力が増しているとは……』

「女神?」

 女神だけではない。牢屋で見ていたレッドでさえも、腰を抜かして座っていた。

『もう無理かもな……我らも、ジンも……』

 続いてレベッカ、その次にブラックと、どんどん顔を下げてしまい、完全に諦めきっていた。

「みんな?」

『諦めがいいのは素直でいい事だ。待ってろ、そこの糞餓鬼を殺したらすぐにあとを追わせてやる』

 諦める? 馬鹿な事言ってんな。こっちは守らなきゃいけねぇもんがあるんだぞ?

 ただ、ジンの体は言うことを聞かない。

 何度も膝を叩き、動けと命じるも、一ミリも動かすことはできない。

 なんでだよ……今まで頑張ってきただろ? ここまで積み上げてきたものは無駄に終わるのか? 違うだろ? 何のための神の力だ、何のための龍後からだ?

 エンドの力は増す一方で、留まることを知らない。

 あいつに勝つためだろ!?

 だが、その思いとは逆の思いも、当然ジンの中にはあった。

 あいつに勝つ? 無理だろ……力の量が違いすぎる。

 だが、俺にはユニークスキルがある! 負けないほど強くならなきゃ……!

 先に死ぬんじゃないか? 例え強くなれたとしても、本当に殺せるぐらいの力があるのか?

 色々な思いが交差し、ジンの頭の中はぐちゃぐちゃになる。

『貴様らは終わりだ。この私がここまでの力を出させたことを褒めてやろう』

 ただ変な石ぶっ壊しただけで、手も足も出せなかったけどな……。

『一歩も動けんだろう? 今殺してやる。底を動くな?』

 段々と近づいてくるエンド。それでも、やはり一歩も動けずにいる。

 どうして動かない? 俺が弱いからか? 俺に力が無いからか?

『ジン……』

 なんで俺に力がない? なんでもっと強くなれない? なんでなんでなんでなんで?

 ジンの心は段々と閉じていく。

 もっと強かったら……もっと……。

 思えば、この冒険はふざけたものばかりだった。盗賊といきなり闘うわ、一度死ぬわ、龍に会うわ、魔王に会うわ。

 過去を振り返り、ジンは涙する。

 あれ、なんで俺泣いてんだろ……なんで俺、こんなにも死にたくないって思ってんだろ……。

 それを見ていたレッド達も、涙を流していた。それを見て気づく。

 あ、そうだ。俺、あの人達と居たいんだ……。まだ、行ったことのない所へ行きたいんだ……。

 エンドはもう数メートルと迫ってきていた。死が間近に迫ってきているのだ。

 でも、もう無理だよな……。そんなこと思っても、この不利な状況を打開できっこない。もう、死ぬのか……。みんな、俺、先行ってるな。

 そう思って時だった。

「ジンちゃん。貴方はまだこちらへ来るべきではないでしょ?」

「そーだよジンお兄ちゃん! まだ来ちゃダメー!」


 この声は……。

「ジンちゃん。貴方はそんなに諦めの早い人だったかしら? 私が知っているジンちゃんは、可愛くて、優しくて、だけれど心強くて諦めない。そんな子だと思っていたけれど?」

 そんなこと言っても、俺はこの状況を打破できる手段が……。

「あるじゃない、貴方には強力なユニークスキルが。それに気づいていないだけ」

 気づいてない? ……それって……。

 そこで、先程のカルとの闘いを思い出す。何故あの時力が湧いてきたのか。何故あそこまで強力な力が手に入ったのか。

 そうか、あの時のあれって元々あったものではなく……。

「フフ。あとは、わかるわね? ……私たちの分まで、生きてちょうだい」

「頑張れ! ジンお兄ちゃん!」

 ありがとう、ダイコさん。ありがとう、ネイン。天国で、応援しててくれよな。

『さぁ、死ね』

 エンドは、爪を剥き出しにし、首を横一線に斬る。

 そこにいた誰もが、ジンは死んだと思った。エンドでさえも。

『よし。次は……』

「次はお前だよ。エンド」

『なっ……!』

 次の瞬間、エンドは玉座のある場所まで吹っ飛び、玉座が粉砕する。

 それを見て、何が起こったかわかない一同は、目をぱちくりさせる。

「これが、その力か……あの時と同じ感覚だ。力が湧いてくる」

 エンドがゆっくり立ち上がり、魔王もまだ何が起こったか分からずにいる表情をしている。

「やっぱり、俺は死ねねぇんだよ。魔王エンド。もうさっきのようにはいかないぞ?」

 牢屋にいた皆は、声を揃えてその名を呼ぶ。

「「ジン!!!」」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く