冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どこまでも強く、いつまでも強く 6


『貴様……今すぐ殺す!』

 そう言うカルであったが、なかなか一歩を踏み出そうとしない。

「来いよ?」

『貴様こそ、疲れて動け……』

「ほいっと〜」

 音もなくカルの正面へ移動し、本気で顔面パンチ。カルは音をも追い越さんばかりの速さで床と平行移動する。城の壁はどんどん壊れていくが、減速はしない。

「てめぇが俺にした分、ここでお返ししてやるよ」

 ジンはかなり距離飛んでいったカルに一瞬で追いつき、エルボーを腹にお見舞する。

『ぐはぁっ!』

「寝てんなよ?」

 ジンは倒れたカルの頭を鷲掴みし、軽々と持ち上げる。

「カルを軽々と持ち上げてますよ〜? カルだけに……なんつって!」

 さらにもう一発、拳に全力を込めた正拳突き。それは、強靭なまでに鍛え上げられたであろうカルの腹筋を貫通する。すると、カルは大量の血を口から吹き出した。

『き、貴様……そんな力、先程までは……』

「うるせぇよ、お前に関係ない。俺が強くなっただけだ。ここでお前は死ぬんだよ外道」

『ま、魔王さ……』

 その言葉を言わさず、ジンはカルの頭を握りつぶす。だらりと落ちるカルの死体は、塵となって消え去る。その瞬間、ジンは脱力し、ユニークスキルを解いて、その場に倒れ込む。

『じ、ジン!』

「大丈夫ですよ……ちょっと疲れただけですから……にしても、強かった……もうクタクタです」

『そ、そうよね! ……って、あ、あれれ?』

「どうしたんです?」

『なんでかしら……私がいつも身につけていた、神の羽衣が何故か無くなっていてですね……?』

「そういう趣味なんですか?」

『違うわい! 呼んでも来ないんですよね〜……』

「へぇ〜、で、その神の羽衣がどうか……」

 ジンがそう言葉にした時だった。突然ジンの身体に白い布の様なものが出現する。

「な、なんだこれ!?」

『あぁぁぁぁあ!!! 私の神の羽衣ぉぉぉお!!』

「な、なんだってぇぇぇえ!?」

 その羽衣を纏った瞬間、ジンの疲れはドンドン癒えていき、魔力までもが回復していく。

『そ、それは本来人間界には絶対に現れない物! なのに何でそこにあるの!? やめて! 触らないで! 匂いも嗅がないで! 汗臭い女神って思われるぅ!』

「そ、そんな変な臭いしませんよ……むしろいい香りで……」

『そ、そう? ま、まぁジンが着てるならいいや! 後で私の手元に戻ってきた時は一週間洗わないわ!』

「おい、今最後に聞き捨てならない発言が聞こえたぞ?」

 体力や魔力、その他諸々が回復し終わると、羽衣は消えた。その数秒後、どうやら女神の元へ戻ったらしい。

 ジンがまだ寝転がっていると、何やら騒がしい集団が、ジンのいる部屋へ駆け寄ってくる。

「むっ!? この嫌な足音とやたらうるさい喚き声は……」

 穴の空いた壁の方を見ていると、彼女らは姿を表した。何故か数人の魔族を縛り上げているが、そこは触れないでおこう。

「な、何この穴!?」

「この穴の先には……」

 そう言ったレベッカと目が合い、ジンは嫌な予感を感知する。

「まずい、これは逃げないと窒息死するな」

「ジ〜〜〜〜〜〜ン!!!」

 その叫び声とともに、残りのほか約六名の女性陣が目を輝かせ、ジンに猛ダッシュで突っ込んで行く。

 さらば、俺の休憩。さらば、静かな時間……。

 その後、ジンは気を失いそうになるまで、長い間キスをされ、倒れたとかなんとか……。


 ―それから暫くして。

「それで、これは何があったの?」

「それはカクカクシカジカでしてねぇ……」

『なんだ、それはどんな鹿だ? 食えるのか?』

「食えねぇよ!」

『なんだ、食えない鹿か……残念だのぉ』

「レッドさんが壊れたか……それに、なんだかみんな顔付きが良くありません? 何かあったんですか?」

「それは秘密よ。っていうか、ランはどうなったの!?」

「そ、そうよランは!」

「そんなに焦んないでください、マーシュさん、レベッカさん。外にいると思いますよ?」

「「外?」」

 それを聞き、一目散に外へ駆け出した二人は、数分後、ランを引きずって戻ってくる。

「や、やだぁぁあ!!」

「何を嫌がってるの!? 皆に自己紹介しなきゃダメでしょ!?」

「じ、ジン助けて!!」

「ははは……頑張れ……」

「ほらほらラン、皆どんな子か気にしてたんだから!」

「ううぅ……」

 それから、ランは皆に自己紹介をし、すぐに打ち解け、仲良くなった。その後、ここに収容されていた人たちを、一先ず人間界に返した。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く