冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

決戦の始まり 7


『場所を変えよう。ここだと狭いだろ? 奥に闘技場がある。そこへ行こう』

「……わかった」

『ジン、道中気をつけて! いつどこから魔族が襲ってくるかわからないわ。闘技場では大丈夫かもしれないけど』

「多分、大丈夫。俺の感じる限りじゃ、道中にはいないと思う」

『あなた、そんなことまで分かるようになったのね……成長したわ、後でキスしてあげる』

「遠慮する」

 ゼドに付いていき、その部屋を出る際、それぞれの部屋に散らばった、レッド達に、心の中で無事を祈る。

 ―その頃、レッドは……

『なんだ、大したことないの? 我が強すぎたのかの?』

 ―同じくして、ブラックは……

『うぅん……少し鈍ったかのぉ……殺るまでに五発も喰らってしまった。今度ジンと特訓しよう』

 ―ホワイトは……

『あらら、もう終わりかしら? 面白くないわねぇ……そうだ、どうせなら、解剖とかしちゃおうかしら?』

 ―レベッカは……

『何よこいつ!? 何でこいつの血は触ると服が溶けるの!? 気持ち悪いぃぃい!!』

 ―マーシュは……

『うぅ……魔法が通じない相手だとは思わなかったですぅ……こうなったら、この杖で……頭をぶっさらうわ』

 ―エレンは……

『はぁ……はぁ……なんとか、倒すことができました! 戻りましょうか』

 ―へレーナは……

『えいっ。(覚えたての魔法を片っ端から、死体に放っている)』

 闘技場へ到着し、大きな扉から入ってみると、そこは、本当に城の中なのか? というくらいに尋常じゃなく広い闘技場があった。

『ここは、魔法で部屋の大きさを広くしているんだ。ここなら、存分に貴様を殺せるだろ?』

「ああ、そうだな。俺もお前を派手にぶっ殺せるなぁ?」

『…………』

「…………」

 お互い、数秒睨み合い、闘いは突然再開される。

 先に動いたのはゼド。先程までの二人の動きからは、想像もできないほどのスピードで、ジンの目の前に現れ、魔法を一瞬で無数に繰り出す。

 それに対応しようと、放たれる魔法を一つ一つ、蹴ったり殴ったりで、魔法を破壊していく。その際、魔法が爆発するよりも早く動き、ダメージを全く受けてはいない。

 ジンが魔法を破壊するのに気を取られている所を、ゼドはジンに接近し、特大の魔法を発動させる。

 それに気づいたジンは、あれを食らうのはマズいと思い、瞬時にその場から距離を取る。

 ジンを囲んでいた魔法は、標的がいなくなり、地面へと着弾し爆発する。爆風が巻き起こり、砂煙が舞う中、その中からゼドが猛スピードで突進してくる。

 ほんの一瞬、瞬きよりも速い時間、反応が遅れたジンは、維持でも魔法を食らうまいと、全力で離れようとする。が、ゼドは魔法を、遠心力を付け放ち、それはかなりの速さで飛んでくる。

 絶対に当たってしまう距離におり、尚且つゼドが逃げ道を無くそうと、ジンの後ろへと回り込む。

 それに気づくジンは、横に移動するが、魔法はジンを追尾する。それに合わせてゼドも動いてくる。

「クソ、あんなもんくらったら死ぬぞ?」

『大丈夫よジン! 今のあなたなら、魔法を使えるわ! だって、神の力を使っているのだから!』

「はぁ? んなもん今まで使ってこなかったから、使い方なんて知らねぇよ!」

『こう、バッとしてババァーン……よっ!』

「そんなんでわかるかぁぁあ!!」

 もう一メートルも無い。魔法が当たる。直撃する。そう感じたジンは、もうどうにでもなれという思いで、言われたとおりにやってみる。すると……。

「できた……って小さっ!」

『もういいから放ちなさい! 魔法がぁあ!』

「あんたの教え方が悪いんだよっ! あぁ、もう、とりゃぁぁぁ!」

 ヒョロヒョロ〜、と飛んでいく魔法。こんなもので弾けるわけがない。そう、思っていた。たが、そんな考えは、目の前の魔法と一緒に弾け飛ぶ。

 ジンが放った魔法が、ゼドの放った魔法に当たった瞬間、ドカーーーン!! という音と共に、目の前から消え去り、爆風が巻き起こる。

「…………はぁ?」

『えっへん! これが神の力よ! どう? 驚いたでしょ?』

「…………こんど、へレーナさんかマーシュさんに教えてもらうか」

『えっ、私じゃなくて?』

 無視。すぐに、ゼドのいる方へ振り向くと、ゼドが少し引きつった顔をして、汗を垂らすのを、ジンは見逃さながった。

『貴様……まだそんな力を……』

「まだまだやりたりねぇよなぁ?」

 ジンは、不敵な笑みを浮かべた。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く