冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

決戦の始まり 4

 女神を抜かれた魔族の女は、不気味な立ち上がり方をすると、どこかへ去っていってしまう。一体何だったんだ?

 女神がジンの元へ戻り、喜びあっている中、ハルッドの身体は完全に元通りとなり、首を鳴らしている。

『やられましたよ。ですが、ここからはそうはいきません。でしょう? ゼール殿?』

「ゼール……殿?」

『……ああ』

 どこからとも無く声が聞こえ、ジンは辺りを見回してみる。すると、先程、女性が逃げていった方向から、ハルッドと同じくらいの身長で、短い髪型の銀髪、鋭い目付きをしながら、こちらへ歩いてくる。

『貴様か……ムルドを殺ったと言うのは。あまり強そうには見えんが?』

『見た目だけで判断は悪い癖です。彼は、私を上下真っ二つにしましたから』

『お前をか? いくら死なないからって遊びすぎだ。女神が奪われたのだろう?』

『取り返せばいいんですよ』

 そう簡単に奪われる訳にはいかないんだよなぁ……。

『そうか。なら、さっさと奴をころして魔王様に首を届けるぞ』

『は〜いよ』

 ハルッドと、ゼールが、ジンの方を向き、黒いオーラを纏う。その瞬間、今まで感じたことの無い殺気を浴びせられ、ジンは一歩大きく下がってしまう。

『ほう? その判断は正しい。中々やれると見た。楽しみだ』

「これは少しまずいかも……」

 汗が頬を伝い、顎から地面へと垂れ落ちる。どうするか悩んでいると、女神が明るい声で話しかけてくる。

『ジン、貴方何ビビってるの? 私が戻ったのよ? ユニークスキルは戻った。なら、使えばいいじゃない? それに、レッドの力も持ってるんだから、重ねて使えばいいじゃない』

「……今なんて?」

『だーかーらー、ジンの持つ、レッドから貰った力と、私の力を使えるユニークスキルを、使えばいいじゃないって言ったの!』

「……まじか」

『まじよ』

 ジンは、今ユニークスキル"赤龍の力"を使っている。これに、女神が戻った事により、再び使えるようになった、"女神の加護"を使うという事だ。

 ジンは早速取り掛かり、ユニークスキル"女神の加護"を使う。すると、赤いオーラとは、別の色の白いオーラがジンから発生し、二つのオーラが混ざり合う。すると、オーラはジンからは消え、何も纏っていない状態となる。
 それを見ていた、ハルッドとゼールは、少し怒ったような口調で言ってくる。

『オーラを消した? 貴様、舐めてるのか? ホントに殺すぞ?』

『これは私も我慢成りませんねぇ……』

 こう言う二人だが、ジンは全く怯えない。何故なら、ジンはその変化にわかっていたからだ。

 なんだろう、この感じ……外側でオーラを纏ってるのではなく、内側で纏っているような気がする……力が何倍にも跳ね上がった気もする……。

『それはそうよ。本来、二つの異なるオーラを纏える者なんてまずいない。いないって言うのは、できないのでは無くて、二つのオーラを出せるユニークスキルを持たないから。これは、その二つのオーラが合わさる事によって起こる現状よ』

 二つのオーラが合わさる事によって起こる現状……なんか、今なら何でもできそうな気がする。いや、気がする、ではなく、絶対やれる。

『貴方は強くなった。それは、あなたの中にいる私が良く分かるわ……だから、自身を持って戦いなさい、ジン!』

「わかりましたぁ!」

 両手に持つ剣を握り直し、二人と対峙する。ハルッドとゼールは、大層お怒りのご様子だ。顔がイライラしている。

 数秒睨み合い、それから闘いは始まる。

 まず、ハルッドが高速で移動し、杖を振るう。ジンはそれに反応し、左手に持つ剣でガードする。次に、ゼールがジンの死角から攻め込み、背中に装備していた短剣で右脇腹を狙う。だが、ジンは、攻撃の気配を、瞬時に感じ取り、右手に持つ剣でガードする。

 遅い。まったくもって遅い。これがコイツらの本気? いや、それは無い。まだ余力は残してるはず……なら、ここで一発ぶちかます!!

 ジンは、二人の攻撃を弾き返し、身体が浮き上がったハルッドの腕を斬り飛ばし、よろめいたゼールの胴体で斬込む。それを、一瞬でやってのける。

 ハルッドは、腕を抑えて跪くが、ゼールはすぐに反撃をしてくる。

 短剣を捨て、何故か素手で掴みかかるように来たので、ジンは、チャンスだと思い、勢いよく剣を振るう。が、それは両手で受け止められる。

『かかったな?』

「なに?」

 ゼールは、剣を離そうとはせず、また、引き抜くこともできない。すると、剣が段々と茶色くなっていき、最後には塵となり、使い物にならなくなる。

「な、なんだ!? 何が起きたんだ!?」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く