冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

決戦の始まり 3

「これで全員、各々の敵の元へと行ったかな?」

『余裕ぶるのもいいですけど、そんなに隙だらけだと私に呆気なく殺されてしまいますよ?』

「そう言って殺しにかかってこないだろ?」

『フッ……まぁいいです。時間も掛けたくないので、ちゃっちゃと始めましょう。行きますよ、女神』

『…………』

 やはり女神様か……でも返事も何もしない? まだ意識があって、なんとか抵抗しているのか? なら、まず優先するべきなのは……。

「女神様の救出!」

 ジンは地面を蹴り、ハルッドの目の前まで一瞬で移動し、剣で、鋭く斬りにかかる。が、ハルッドは難なく避け、カウンターを狙って、右手に持つ杖を、顔に向けて振るう。ジンは、その攻撃を、もう片方の剣でガードし、一歩下がる。

 下がると同時に、横から乗っ取られた女神が、物凄い勢いで、斬りかかってくる。

 女神様にはあまり手を出したくない……!

 ジンはギリギリで躱し、少し加減をして、ハルッドの方へと蹴り飛ばす。
 そして、蹴りをした瞬間、ハルッドはそこにはおらず、ジンは見失う。

 どこだ!? ……後ろ!

 気づいたがそれは遅い。剣で背中を守ろうとするが、間に合わず魔法を背中に食らう。

「クッ……」

 凄い勢いで飛んで行くが、壁に当たる寸前、体勢を立て直し、壁を足場にして跳ね返る。

『なっ!?』

 そのあまりにも予測不可能の行動に、ハルッドはワンテンポ反応が遅れる。

 ジンの斬撃は、ハルッドの胸から腹にかけて斬り、血が吹き出す。

『うわぁぁあ!!』

 ジンは、着地し、すぐに振り向き、両手剣を構える。その出血だと、すぐに死ぬだろう。そうジンは思った。だが……。

『なーんちゃって?』

「は?」

 痛がった振りをしていたハルッドは、ジンの方へ振り返ると、傷口をわざと見せびらかす。

「おいおい嘘だろ?」

『現実ですよぉ? まぁ最も、少し魔王様から力を頂いているのですが?』

 その傷口は、キレイさっぱり塞がっていたのだ。服は確かに破れている。だが、傷口は一切なく、ハルッドはピンピンしている。

「…………」

『ビックリして何も言えませんか? そうでしょうそうでしょう。何せ、傷口が塞がってしまうのですから? 戦意喪失するのもわかりますよ?』

 ジンが立ち尽くしている間に、ハルッドは女神(魔族の女性の姿)に指示を出し、ジンへと攻撃を仕掛ける。

『呆気なかったですね。もう少し楽しめると思ったのですが』

 そう言って、ハルッドは持っていた杖を両手で横に持ち、左右逆の方へと引っ張ると、鋭く尖った刃が現れる。

 そう、仕込み刀だ。その刀を高く振りかざし、縦一戦に切り下ろす。ジンは綺麗に二つに斬られ、死んだかのように見えた。

『抵抗もしない……いや、感触が無かった。っと言うことは……』

「後ろだ」

 ジンは突然、ハルッドの後ろへ現れ、ハルッドを真っ二つ両断する。

「お前が斬ったのは俺の残像。僕も甘く見られたものだな……」

 ぼとりと、ハルッドの上半身が落ち、下半身も力なく崩れ落ちる。が、すぐに再生を始めようと、下半身が勝手に動き出す。

 うわ気持ち悪ぅ! ゴキブリより生命力あんじゃねぇの!?

 真っ二つにしても死なないとわかった以上、今しかチャンスはないと思い、女神救出へと向かう。

 女神(魔族の女性の姿)を探すと、何故かぽつんと立ち尽くしており、一歩たりとも動こうとしていなかった。

 今がチャーンス! もうここしかない!

 ジンは即座に武器をしまい、女神(魔族の女性の姿)の元まで行き、言われた通りにする。

 カーッ! こんな戦場でこんなことしてるなんて恥ずかしいぃぃぃ!!!

 ジンは勢い任せにキスをし、「女神様早く戻ってきて!」と内心すごく思いながら続ける。

 すると、魔族の女性の目が白目を向き、全身の力が抜け落ちる。それと同時に、口の中から光の玉の様なものが突然出てきて、ジンは後に退く。

「め、女神様なの!?」

 その光の玉は、ジンの口の中へと勢い良く入って行く。

 それから数秒後、身体の奥底から力が湧き出し、赤いオーラが更に大きさを増す。

『戻ってきたわ! べ、べべ、別に、さ、寂しくなんか無かったんだからね? こ、怖くなんか無かったんだからね!?』

「女神様だぁぁぁぁあ!!!」

『ただいま、愛しきジン!』

「おかえりなさい! 我らが女神様!」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー128919

    すごいいい展開です!

    3
コメントを書く