冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

魔界に乗り込みます! 16


 門の前まで移動したジンたちは、何が起こるかわからないため、いつでも戦闘が出来るように、武器を装備した。

 特に何も起こることは無く、シーンとしたその辺り一帯は、ジンには何か起こる気がしてならなかった。

 ここに来てから、モンスターに殆ど合わないのはなぜだ? 門だけがポツンと置いてあるのは何故? いや、考えすぎも良くないか……。

『着いた。休憩は無しだ、入るぞ』

 そうこう考えていると、門へたどり着き、レッドが人の姿になり、扉を躊躇なく開く。そして、その門の先に見えるのは……。

『こ、これは!』

「どうかしました?」

 扉を開いたレッドが、ものすごく険しい顔をし、何かと思っていると、突然龍の姿に戻り、耳が叫んばかりの咆哮をし始める。

『この門は入口だったんだ!! 魔族が攻めてくるぞ!!』

「ま、魔族? 入口? 何が何だか……」

『細かいことは今は訊くな! それよりも流れ込んでくるぞ!』

 レッドが後方へ飛び、門から距離を取る。そのあとを続くように、皆も門から距離を取る。レッド以外、何が来るの理解ができない。だが、何となく察しはついた。

 距離をとって数秒後、ようやく門の向こうを見ることが出来たジンは、その光景に絶句した。

 それは、武装した魔族やモンスターが無数におり、その者達がこちらへ向かって一斉に走っている光景だつた。
 それを見たジンや、他のものは、状況を瞬時に理解し、それぞれのユニークスキルを発動し、オーラを纏う。

 緊張し、手が震える。地面は見えない。背景も見えない。ただただモンスターや魔族が見えるばかり。言葉通り、数の暴力というやつだ。

 だがそんな時、レッドの言葉に、気持ちが切り替わる。

『緊張はしろ。でも焦るな、冷静でいろ。大丈夫だ! お主らは何のために訓練した? 何のために強くなった? それをここで思う存分発揮しろ。なぁに、死にそうになったら我が助けてやるわい』

 その言葉に、その場の一同は、深呼吸をし、目付きを変える。

 モンスター達が門を超えるまで残り数メートル。そして、レッドの叫び声が合図となり、始まる。

『戦争の開始だぁぁあ!』

 門から出てきたモンスターは、一瞬にして目の前視界を覆い尽くす。空を飛ぶモンスターも、同時に現れ、何の躊躇いも無く攻撃を仕掛けてくる。

 だが、その視界いっぱいに覆い尽くされたモンスター達は、レッドの魔法で消し飛ぶ。一瞬にして地面が姿を現し、血の一滴も残っていない。

『我を誰だと思ってるのだ?』

 だが、止まることをしらないモンスター達は、次々に攻撃を仕掛けてくる。その度、レッドが魔法を使っては消し飛び、また現れ、また消し飛ばされる。それを何度も繰り返し、ようやく門の向こうの景色が見え、目に映ったものに驚愕する。

 レッドが最後の軍勢を消し飛ばしたのと同時に、皆もそれに気づき、立ち尽くす。

「あ、あの建物は、もしかして……」

『そう、そのもしかして、だ。あれが魔王城だ。前と少し違う入り方だったのだな……』

 最後になんて言ったのかは聞き取れなかったが、目の前の物が魔王城と知り、溢れ出んばかりの殺気は、門の外からでも伝わってくる。

『さあ、ここからが勝負どころだ。さっき言ったことを忘れるな。では、門を潜るぞ』

 皆は頷き、強く一歩を踏み出す。そして、門を潜り、ガラリと変わった目の前の風景に圧倒されながらも、目の前にそびえ立つ魔王城を見上げる。

「これが魔王城……ビリビリ伝わってくるこの殺気。魔王を目の前にしたとしたら……」

『そう怯えるな。ここで縮こまっていては、魔王を倒すどころか、魔王幹部も倒せないぞ?』

「わかってます」

「怖いわね……でも、もう後戻りはできない」

「そうですよレベッカさん。もう後戻りはできませんからね?」

「そう言うマーシュこそ、手が震えてるぞ?」

「ふ、震えてませんー!」

「いえ、あの、私も震えてるので仲間ですね、マーシュさん!」

「だから震えてないですぅ!」

『そんなお喋りが出来る余裕があるなら心配ないな。ブラック、ホワイト、お主らも大丈夫だな?』

『我は龍だ。怯えるわけがない』

『私もよ〜! サポートは任せてねぇ?』

『ふんっ。まぁそうよな。大丈夫に決まっておるか。ではジン、行くぞ』

「はい!」

 待っててください、ラン、女神様。今から助けに行きますから。絶対、助け出しますから!

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く