冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

魔界に乗り込みます! 10

『最終確認だ。場所はオーキ国の最南端だ。あそこは行ったことはないだろ?』

「そうですねぇ……行ったことは無いです。まぁオーキ国にはいた事はあるんですけど、そこには言ったことはないって感じですね」

 というか、案外近くにあったのか魔界の門……それを知らないでオーキで過ごしてたって……怖すぎる。

『そんな事はいい。今は戦いの事だけ考えろ。門から出てきたところを叩くんだ。二手に分かれて挟み撃ちになる形でな』

「わかってますよ。ですが、そう上手く行きますかね……」

『行くに決まってる。なんたって、我が考えた作戦だ。このブラックに、死角はない』

「ほ、ほぅ……」

 まぁ確かに、ブラックさんが建ててくれた作戦なら心配はない。だけど、どうしてもレッドさんのチームが心配だ……いくらレッドさんが居るとはいえ、皆女性。心配だ。

『そう心配するな。なぁに、レッドとホワイトは相性抜群だ。あの二人にかかれば勝てるものなどそういないだろうよ』

「ですね。僕を鍛えてくれたレッドさんだ。何も心配はいりませんね!」

『むしろ、我は自分の方が心配だ』

「それこそ杞憂ですよ! 僕はあのレッドさんに鍛えられたんです。任せてください!」

『自分の心配は後か……ふっ、まぁいい。頼もしいわ』

 それから暫く、沈黙のまま飛行が続き、かれこれ一時間が経つ。今日はやけに暗い。これは普通に天気が悪いのか、あるいは……

 さらに時間が経ち、緊張感で押し潰れそうになってるマーシュとエレンを見て、緊張を解そうと、和やかに喋っていると、ブラックが静かな声で言う。

『着いたぞ。着地する、気を引き締めろ。もう門は開いている、いつ来てもおかしくないからな』

 その言葉に、マーシュとエレンは唾を飲み、ジンはぎゅっと拳を握った。

 いよいよ始まる。今までで一番最悪で、最後の闘い。僕達は、この勝負に勝たなければならない。

 ブラックが着地し、続いてホワイトも着地する。全員が揃ったところで、顔を見合わせ、気合を入れてから、それぞれの待機場所へと向かう。そこは、森の入口のような場所、奥には無数の木々が広がっている。かなり薄暗い。

 ジン達は、その森の影に隠れ、魔界の門から出てくるのを待っている。そして、それはすぐに始まる。

 じーっと見て待っていると、一匹の犬のようなモンスターが、門からひょっこり頭を出す。何か匂いを嗅いだ素振りを見せると、そのモンスターは、全体を現す。なのん変哲もない、ただの犬にしか見えなかった。

 ジンは、声を抑えてブラックに尋ねる。

「ブラックさん、あれ、なんですかね? ただの犬にしか見えないんですが……」

『あれは……まぁ見ていれば分かる。……ほら、あれが本物の姿だ』

「……あれ、は……」

 その犬は、門から出た瞬間に、その姿を変えていく。身体が成長していき、毛の色は茶色から黒色へ、首は三つに分裂し、邪悪なオーラを身に纏う。

『そう、あれこそ本当の姿、ケルベロスだ』

「ケルベロス……ッ!! 門から続々と!」

『始まるぞ! 準備しろ! そして、ある程度出てきたら叩け!』

 ジンは、装備していた両手剣を持ち、静かに息を呑む。

 続々と魔王軍が姿を現し、その数はざっと千。それも、全てモンスターだ。ケルベロスの他にも、かなりの強敵がちらほら見える。

 そして、ある程度出てきたのか、それ以上はもう出てこない。それを見計らい、レッドの雄叫びの合図で、木影から飛び出して行く。

 こちらに気づく暇を与えず、ジンは一番近くにいたモンスターの頭を、両手剣で切り裂く。鮮血が吹き出し、そのモンスターは力なく倒れる。

 それが戦闘開始の合図となり、一斉にモンスター達が奇声をあげながら飛び込んでくる。

「戦争の、始まりだ。覚悟しろ魔王軍」

 ジンのチームは、助けに行ける範囲に散らばり、敵の数を減らしていく戦法だ。それに対し、レッド達は、四人固まってどの方角から来られても大丈夫なように、固まって闘っている。レッド、ホワイト、ブラックは、龍の姿だ。

 数で勝る魔王軍。だが、それを、ものともしないジン達。この闘いの、勝敗は、ジンに掛かっている。この思いは、その場の誰もが思っている。

「僕が頑張るんだ。でなければみんな死ぬ。そのくらいの気持ちで行かないとこの闘いには負ける。なら、僕が命にかえてもみんなを守り抜く。そして、女神様とランを救ってみせる!」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く