冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

魔界に乗り込みます! 2

『でも近々と言っても、あと二、三週間してからだ。今は準備に躍起になっている。まぁなんで分かるかって訊かれたら、それが我の力だとしか言えん』

「魔王軍……それは、どれくらいの数ですか?」

『わからん。だが、一つだけ言えることは、今までの比じゃないくらいの数は来ると思っておけ。そうだなぉ……数万は覚悟しておけ』

「そ、そんなにですか!?」

『あぁ。それも、かなり強化されたモンスターや、魔王に改造された奴もおる。其奴らは厄介だ……それに、多分魔王の側近が来る。奴は強い。我では勝てない』

「ブラックさんでも勝てない……そう断言出来るほどに強いんですよね?」

『あぁ』

「そうですか……」

 その軍の中に、もしも……もしもランと女神様がいるのなら―

 そう考えるが、望みは薄いだろうとジンは考える。それもそのはず、わざわざ手に入れた貴重なものを、みすみす手放すわけが無い。そう思うと、ジンは今にも少し落ち込む。

『……ジンよ。そう落ち込んだ顔をするな。なに、我がおるだろ? それに他の仲間とおる。なら心配はいらぬだろ?』

「はい、そうですね!」

 そう励ますレッドの気持ちは、素直に嬉しい。だが、違うのだ。それだからジンは心配なのだ。

 違いますよレッドさん……仲間がいるから心配いらない、ではなく、仲間がいてしまうから心配なんです……もう、絶対失いたくない。だから、誰か一人でもここから離れてしまうと困るのです……

 レッドや、レベッカ達はワイワイやって笑顔だが、ジンだけはどうしても笑顔にはなれなかった。その横顔を、ブラックは横で見ていた。そして、声を掛ける。

『ジン。お主は本当に良い冒険者だ。そして、良いリーダーだ。その気持ち、絶対に忘れてはならぬ。皆が思ってなくてもお主だけは思っておけ。だが冷静さは欠かすな。それが出来れば、お主なら皆を助けられる。だろ?』

「ブラックさん……そうですね、僕は絶対に忘れません。だから、時間までびっちり特訓して、少しでもレッドさんに近づけるよう、努力したいと思います」

『そうか……頑張るが良い。ここから二週間から三週間、我も共に特訓に付き合ってやる。お主の力も気になるしの?』

「本当ですか? なら、是非ともお願いします!」

『あぁ。今は飯だ。腹が減ってはなんとやらだ。食って寝て英気を養うんだ』

「そうですね!」

 そうして、ジンは走って食卓へと向かう。その背中を、ブラックは見て小さく呟く。

『お主なら、何かを成し遂げてくれそうだな……もしかしたら、魔王なんてあっという間に蹴散らして、世界に平和を齎してくれるのかもな……』

 そうして、今日一日が終わる。

 翌日、ジンは早朝からレッドに引きずられ、特訓部屋へと連れていかれる。まぁいつもの事だ。もう慣れた

 部屋に入ると、そこにはストレッチをしたブラックの姿がある。

「あれ、ブラックさんも参加するんですか?」

『ん? あぁ、我もやるぞ。お主の力が気になるからなぁ?』

「それじゃあ、僕と組手をするって事ですか?」

『そうなるな。我は全力でいく。レッドには遠く及ばないが、ホワイトとはそれなりにやりあえるぐらいだからな。まぁそう期待はせんでくれ』

「いやいや、ホワイトさんも充分に強いですよ!? 何度がやらしてもらいましたけど、僕は本気だったのにホワイトは、ニコニコしながら闘ってましたからね!?」

『ほう? ちなみい言っておくがな、奴はそれが本気の証拠だ。ニコニコ笑ってる時は大抵本気の時が多い。そこまでさせるとは、これは我も負けてはおれんな』

「まぁブラックさんの力は僕も気になってましたし、いい機会です! 正々堂々、バチバチにぶつかりあって闘いましょう!」

『あぁ。楽しみだ。おいレッド! お前は審判を頼む! それと、お主も混ざりたかったら適当に入れ。それでも構わんだろジン?』

「はぁ!? ブラックさんとレッドさんを両方相手にするとかむ……」

『おぉ! それは名案だなブラック! 我もジンとやりたくてたまらなかったのだ! というか、最初から混ぜてもらうわい! それと、我も本気で行くぞ?』

「はぁぁあ!? ちょっ、まっ、えっ!? 本気!? 今までは僕に合わせてくれてたのに、今は本気!?」

『当たり前だろうが! ブラックが本気と言っているのだ! 我も本気でやらなくてどうする!』 

「いやいや、そんな自信満々に言われても!」

『では始めるぞ! おらぁぁ!』

「まだ心の準備が……あああああ!!」

 そこから、ジン対ブラック、レッドの闘いが始まりった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く