冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

そこは楽園という名のオカマ大国でした 1

 盗賊団を捕まえてから一ヶ月が過ぎようとしていた。

 ジンは冒険者で弱すぎるが故に特訓を続けていた。
 一ヶ月の中で短剣の他にも比較的簡単に扱える弓や長剣ほど重くはないが剣先が長いレイピアを試してみたりした。
 どれも熟練度が一定の数値まではあっという間に伸びるのだがどうしてもそこから伸びなくなる。ジンの中では冒険者が最弱の職業だからだと勝手に思い込んでいた。

 そしてステータスそこそこ成長していた。

ジン
職業 冒険者

HP 156
MP 46
攻撃 128
防御 109
魔法 23
俊敏 170

スキル
熟練度 短剣 30
熟練度 細剣 30

ユニークスキル
"限界を知らぬ者"
"言語理解"

 もう少し成長していてもおかしくないはずなのだが、ど悩むのだがその理由は未だにわからない。
 ランも同時に特訓をしていた。ランは弓の精度を上げるために毎日モンスターを倒し、地味に筋トレとかもしていた。
 その成果あってかステータスは少し上昇していた。

ラン
職業 狩人
Lv 38
HP 333
MP 160
攻撃 234
防御 209
魔法 140
敏捷 265

スキル
熟練度 弓 69

ユニークスキル
"視力上昇"

 二人ともそれなりに成長を実感していた。

 二人は特訓が終わったので夕飯にしようとしていると、椅子に座っているジンが勢いよく立ち上がり一言言う。

「ちょっと隣町に行きたい」

 すると何故か料理をしている手を止めこっちに全速力でランが駆けてきた。

「それは、ふ、二人でですか!?!?」

「なぜにそんな鼻息荒くして聞くんですか……?」

 実はランは一緒に生活していく中でジンの事を意識するようになり地味に髪型を変えたり少しオシャレしたりもしていた。そう。ジンが好きなのだ。だがジンは鈍感にも程があるくらい気付かずランは落ち込んでいた。

「隣町、私も行きたい!!!
いや、行こう!!!」

「お、落ち着いて……わかった行くから、ナイフ向けるのやめてっ!!!」

 どうしても行きたいばかりに、料理に使っていたナイフをジンに向け半ば強制的に返事をさせた。

 ランは「やった~!」と、スキップをして台所へ戻る。
 ジンには何故そんなに機嫌が良いのかわからなかった。

 夕飯を食べ終え二人は、明日出かけるための計画を立てていた。

「で! で! どこに行くんですか?」

「そうだなぁ……お金はあるからなぁ……ん? なんだこの国の名前面白い! マッ町だって!! マッチョと町をかけてるのかな? 面白い!! 行きた……」

 ジンが行きたいと言うのと同時にランがすごい勢いで首を振る。

「絶対に嫌だ!!! そこだけは嫌!」

「え~、なんで~、行きたいのに……」

「ジンは知らないの!? あそこは物凄くやばい奴らが集まるところでね、まず名前からしてやばさが滲み出てるでしょ!?」

「ま、まぁ確かに言われてみれば……」

「ここにはあのダイコさん見たいのがうじゃうじゃいるのよ!?」

「なにそれ!? ゴリラしかいない動物園かよ……」

「ごりら? なにそれ? まぁいいわ……とりあえずそこは却下で」

「えぇ~……」

 ジンはダイコみたいなのがいっぱいいると知っても、何故か好奇心を止められずにいた。だがランはずっと断り続け、結局その日はそのまま寝たのだった。

 次の日、結局計画を練れなかったので、その日は街にお散歩しに行った。ちょうどお昼時でお腹もすいた頃だったので『暴飲暴食』へ向かった。

 そこで何故かセンとダイコが話し合っていた。

「こんにちは! センさん! それにダイコさんも!」

「あら、貴方は新入り冒険者のジンちゃんね? あれ? ランちゃんは一緒じゃないの?」

「今は部屋の掃除をしてますよ。邪魔だから外に行けって言われて暇だから来ちゃいました」

「あらそうなの」

「で、ダイコさんとセンさんは何を話し合ってたんですか?」

 それを聞くと二人とも黙ってしまう。
 ジンは首を傾げ答えを待っているとセンが口を開く。

「いやね、もうすぐ"アレ"の時期なのよ」

「そうなの。"アレ"なの……」

 ジンは気になり"アレ"の正体を聞く。

「"アレ"とは何ですか?」

 そしてセンとダイコは声を揃えていった。

「「オカ祭りよ」」

 ジンはそれを聞いた時、何故か額から大量の汗をかいてしまい、言葉を失ってただ沈黙の時を過ごすのであった……

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 〝MOTORA〟

    2つ前のステータスで短剣の熟練度は31で減ってる希ガス・・・・・・

    2
コメントを書く