冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

そこは楽園という名のオカマ大国でした 7

 ダイコとレベッカはレネードへ向け一直線に走る。
 レネードは何度も魔法をダイコ立ちへ向け放つ。
 それをダイコたちは避けつつ前に出てレネードの前へ入った。

「行くわよ……」

 ダイコはレネードへ向け正拳突きを出す。それをレネードが杖で防ぐ。だがその杖は綺麗に真っ二つに折れてしまう。

「あら、杖が折れてしまうなんて……これやっとの思いで手に入れた超強度の高い杖だったんですが……」

「よく喋りますね、でもそれもここまでですよ?」

 そう言いレベッカが顔めがけて蹴りを入れる。だがそれをレネードは左腕で防ぐ。
 すぐにダイコがアッパーを入れる。それを後ろへ飛んでかわし体勢を立て直す。

「やるわね……ホントにあなた強いのね」

「だから言ったでしょ? そうやって。そちらはもうお疲れで?」

「いいえ、これからよ?」

「では、次は私からいきますよ!」

 そう言うとレネードは手に魔力を込め、それをダイコたちへ放つ。無数の魔力弾が飛んでくるが、それを避けるので精一杯なダイコとレベッカは後ろに瞬時に移動していたレネードに気づくのが遅れ、蹴りを食らう。

 二人は魔力弾のある方へ蹴っ飛ばされ、魔力弾も食らってしまう。

「ダイコさん! レベッカさん!」

 ジンが大きな声で二人を呼ぶ。

「なに大きな声出してるの? まだ負けたわけでは無いですよ?」

「そうよジンちゃん。これからが本番よ?」

 そういうと二人はオーラを纏い先程とは見違える程の力をその身に宿す。

「さっきまでのが本気では無いと……面白くなってきましたね」

 そういうとレネードも黒いオーラを纏う。そのオーラは殺気に満ち溢れており見ているだけで身震いが止まらなかった。

「あなたも本気じゃなかったのね……」

 そういいダイコとレベッカは身構える。

「さぁ! いきますよ! 簡単には死なないでくださいね!!!」

 そして闘いが再開する。
 ダイコ、レベッカはジンには追うのが不可能な速さでレネードの元へ走る。ダイコが殴打を放ちレベッカもそれに続いて攻撃をする。それをレネードが巧みに防ぎ反撃をする。その反撃をかわしダイコ、レベッカは攻撃をやめず何度も攻撃する。そしてダイコの拳がレネードの腹部へはいる。

「クッ……!」

 そこへすかさずレベッカが蹴りをお見舞する。


「グハッ!」

 レネードは後ろへ吹っ飛ぶ。そして血を吐きながら立ち上がる。

「チッ……本気で私を怒らせるとはやりますね……もう容赦しません。人員確保が目的でしたがもうそれもやめです。皆殺しです!」

 そういうとレネードは先程よりも大きなオーラを纏う。

「ッ!! これはまずいわ! ジンちゃん逃げ……」

 逃げろと言おうとしたが、レネードが一瞬にしてダイコの元へ動き顔面へ強烈な殴打をいれる。
 ダイコが吹っ飛ばされ、レベッカも構えをとるが、レベッカにも認知不可能な速さでレネードは移動する。そしてレベッカの目の前まできたレネードは、回し蹴りを横っ腹にいれレベッカも吹っ飛ばされる。

 二人は気を失ってしまいその場からは動かなかった。その二人の元へレネードが近寄っていく。

「久しぶりに本気を出してしまいましたが……結構楽しめましたよ。ですがここまでですね……それでは死んでください」

 レネードが手を上に上げ魔力を貯める。物凄く大きな魔力の塊がレネードの頭上に現れる。

「やめろ……」

「もう少し骨があると思ったのですがね……残念です……」

「やめろっ!!!!」

 ジンは立ち上がり恐れながらもレネードの方を向く。レネードは魔力を引っ込めジンの方を見る。

「あなたはさっきの……雑魚ですね。だからさっき言ったでしょ? 雑魚は引っ込んでろ、と?」

「その二人に手を出すな!」

「はぁ……もう鬱陶しいので死んでください」

 そうレネードがいうと人差し指をジンに向け魔力を撃つ。それはジンの腹部を貫通する。

「えっ……?」

 ジンはその場に倒れる。意識が遠のいていく。

「黙ってさえいれば命は助けて差し上げたのに。馬鹿ですね」

 そしてレネードはまた魔力を貯め出す。
『あぁ、痛てぇ、俺ここで死ぬのかぁ、嫌だなぁ。なんだよ冒険者って。結局最弱職じゃねぇかよぉ、何かいい事があるかもって思って頑張ってきた俺がバカみてぇじゃんか。はぁ、どうせならもっと強い職業になりたかったよ。ここが俺の"限界か"……』

 ジンは意識が朦朧としている中そんな事を考えていた。ただ見ているだけなんて、と本当はジンは思っていた。何故自分には力が無いのか。何故自分は冒険者なんかになってしまったのか。

『俺まだここきて二ヶ月も経ってないんだぞ、はぁ、これなら元の世界にいた方が良かったわ……』

 そしてジンは意識を失った。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く