冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう二度と同じ後悔はしたくない 1

 ジンはまだ少し、意識がぼんやりとしながらも、自分の体に戻ったことを認識する。
 目の前には魔力を貯めている最中のレネードが立っていた。
 ジンは暗闇の中で言われたことを、何度も心の中で繰り返す。

『自分にしかできないことがある。皆と過ごしたい。もっと多くの経験を、挫折をしなければならない』

「……ん? 何故あなたが立っている……確実に急所に……」

 レネードがこちらを見る。

 そう、ジンは無意識に立っていた。ジンはその事に気づかない。ほとんど意識が飛びかけていて、体が勝手に動いている状態だった。

 レネードは額に汗を垂らす。

 そしてレネードは驚愕の表情を浮かべる。

 ジンに開けたはずの穴がふさがっていたからだ。

 この時ジンは何度も何度も心の中で先程言われたことを繰り返し唱えていた。

『俺がやる……俺が……』

 ジンの体からオーラが溢れていく。そのオーラは拡大を続ける。止まることを知らないかのように……

「あなたは何者なんだ!?」

 レネードが叫び、体中から汗が噴き出す。身震いをし唖然とする。

『俺にしかできない……』

 そして次の瞬間、ジンはレネードの方を向き叫ぶ。


「俺がやらなきゃダメなんだ!!!!」

 そう叫んだ瞬間身、にまとっていたオーラが爆発したかのように膨らむ。
 その叫びを聞きレネードは一歩後ろへ退く。

「なんだその力は!? 先程まではあんな……ッ!?」

 ジンは一瞬にして間合いを詰め、レネードの足下へはいる。レネードはそれに反応できなかった。
 ジンは腹部へ殴打をいれる。
 レネードは血反吐を吐きながら宙に舞う。
 ジンは落ちてきた所を間髪入れずに、次の攻撃を仕掛ける。
 レネードは反応することができず吹き飛ばされる。

「クソッ! なんだその力は!? なぜそんな力を隠し持っていた!?」

 だがその問にジンは答えなかった。答えることができなかった。なぜなら、既に意識はなかったからだ。ただ体が無意識に動いているだけだった。

「く、来るな! クソ……ここは撤退だっ!」

 そういうとレネードは飛んでどこかへ行ってしまった。
 ジンは闘う相手を見失うとその場へ倒れた。

 暫くしてダイコとレベッカが目を覚ます。二人は周りを見回す。

「ッ!? 闘いは!? レネードはどこに!? ……ジンちゃんとランちゃんは!?」

「一旦落ち着いてください! とりあえず立ち上がって……あそこに倒れてるのは……ジン?」

 それを聞きダイコは立ち上がってジンの元へ走って近寄る。
 そのジンの姿をみてダイコは唖然とし、驚愕し、そして不思議に思った。

「なんでジンちゃんの身体に傷一つ無いのに倒れているの……」

 ジンの身体は傷が一つもない、ただ意識を失って倒れているだけだった。服が破けていて、腹部には穴があいているというのに……
 ダイコは必死に考える。もしもジンがレネードを撃退したのなら、と……
 何が起きたのか想像もつかないダイコはただジンを見つめてこう言うのであった。

「ジンちゃん……あなたは本当にただの"冒険者"なの……?」

 その後、ダイコとレベッカは意識を失っているジンとランを抱え、マッ町の医療施設へ運んだのだった。

 二日後

 ランが目を覚ます。

「ここは……」

「やっと気づいたのね……ランちゃん、どこか痛むところは?」

「ダイコさん……いえ、怪我は無かったようなので。そう言えばジンは?」

「隣で眠っているわ。傷一つないのに意識を失っているのよ……」

「それはどう言う意味ですか?」

「私にもさっぱりでね……ただジンちゃんに何かあったのはたしかね……レネードもどこへ行ったのか全くわからないし……ジンちゃんが倒したとも考えられないから……」

「そうですか……。ジン……」

 そう言いランはジンの眠る方を見る。
 ダイコとランは、ジンの回復をただ待つだけであった。


 さらに一週間が過ぎる。だがジンは目を覚まさない。

 そしてさらに一週間後。

「ぅ……こ、ここは……?」

「ジン! 目が覚めたの!?」

「ジンちゃん大丈夫!?」

「ダイコさんにラン……何が起きて……なぜ俺は眠って……穴は!? 塞ががってるのか?……」

「ジンちゃん何が起きたのか説明していただける?」

「はい……ダイコさんとレベッカさんが意識を失ったあと、僕が二人に攻撃をするなとレネードに言ったんです。その瞬間腹部に魔法を撃ち込まれたのです……それで倒れて……そこからあとの記憶は無いんです……」

「そうなの……わかったわ。とりあえずまだ安静にしてなさい。わかった?」

「はい。わかりました」

 ジンが意識を取り戻してから二日後、外へ出る。
 だが辺りの家は壊されていたり、地面が抉られており、来た時とは全く違う光景になっていた。

「ここにも魔族が来たみたい。何人か攫われたわ」

「そんな……」

 ジンはただその光景を見て沈黙し続けたのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く