冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう二度と同じ後悔はしたくない 2

 マッ町の変わり果てた姿をみてジンはただ沈黙するのであった。ジンはこの時ひどく後悔した。もし力があったなら、と……そして決断する。もっと強くなる、と。

 町の復興を手伝い粗方作業が終わった三人は宿の部屋に集まっていた。

「それにしても魔族がこっちにまで来てたなんてね……人員不足とか言っていたけど……」

「そうですね……何人ほど攫われたのかは分かっていない様ですが……」

「僕達は一人も攫われなくて良かったですね」

「本当だわ。なぜ誰も連れ去らずにレネードはいなくなったのかしら……」

「誰か通りすがりに撃退してくれたとか?」

「そうかもしれないわね……まぁこんな事をいつまても話してても仕方が無いわ!」

「ですね! じゃあ何について話します?」

「そうね……私達は正直手も足も出なかったわ……だから修行も兼ねて冒険にでましょう? そして皆で強くなるのよ」

「いいですね!」

「私も賛成よ! あの時ただ復讐の事しか考えてなくて後先考えず行動した結果がこれなのだから……もっと強くならなきゃ」

 三人がこれからの方針を話していると、突然扉が勢いよく開かれる。

「その話、面白そうですわ。私も混ぜてくださる?」

「れ、レベッカさん! 参加したいってどうしてまた……」

「私も手も足も出せずに終わってしまったのよ? それに一緒に闘った仲でしょ? 混ぜてくれても良いのでわ?」

「な、なぜ上から目線……でも人が増えるのは大歓迎です! ですよね? ダイコさん、ラン!」

「そうね、レベッカちゃんなら信用出来るものね!」

「私も賛成です! 頼もしくなりますね!」

 三人がレベッカの参加を承認し、レベッカか深く頭を下げ「ありがとう。これからよろしくね」と挨拶をする。

 ジンはこの時少し悩んでいた。暗闇の中で言われたことを皆に言おうか言わないかを。
 この事を言って素直に信じてもらえるのか。
 そして悩んだ挙句、結局話すことは無かった。

 その後、四人は一度解散し、準備を整えるために買い物に出掛けた。
 出発を二日後に決めたため、そのために装備を新しくしたり、道具を揃えた。

 そして二日が立ち、いよいよ出発の時を迎える。門の所には多くの見送りがいた。

「もう行っちゃうのね……またもどってくるわよね?」

「ええ。必ず戻るわ。そしてまたオカ祭りを開きましょ?」

「必ずよ? ダイコ。他のみんなも気をつけてね」

「ありがとうございます! タンパさん!」

 みんなに手を降られながら歩いていく四人は、改めて進路を確認する。

「とりあえずこのパーティーは脳筋過ぎるわ。はっきりいって冒険にはきついメンバーだわ」

「ですよね……せめて回復役が欲しいところですね」

「回復役ですか……う〜ん……」

「私は一人で旅してきましたから……回復を得意とする魔法使いは知らないわ……」

「まぁ悩んでても仕方がないので一旦レガンへ戻って見ませんか? あそこなら人が集まってるから一人くらいは居るんじゃ無いんですか?」

「そうね! そうしましょう!」

 そう決めた四人は、一度レガンへ戻るのであった。

 レガンへ戻る途中、ここに来る時には居なかったモンスターと何どかでくわす。
 ジンはモンスターを見つけた時「僕にやらせてください。この中で一番弱いのは僕なので」と言い、一人で何匹ものモンスターを倒して言った。

「ジンちゃん、前よりもやる気がでてるように見えるのだけど……」

「わ、私もそう思います……頑張りたくなったんでしょうね……」

「それでこそ私が期待したジンよ。早く強くなって頂戴ね」

 この時ジンを含め四人は気づいてはいなかった。これらのモンスターが、役3週間前の祭りの時に起きた際に出てきたモンスターだと。

 その時はまだ考えもしなかった。

 マッ町以外でも全く同じ事が起こっていたことも。

 そして四人はレガンへ到着する。
 前に住んでいたレガン町とは思えないほどの町の代わり用に、四人は言葉を失った。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • コーブ

    文字変換に注意ですね、読んでるペースが止まり不快です。

    0
  • 未詳

    変わり様でわ?

    5
  • ノベルバユーザー71708

    旅立ちの時にかけられたセリフで(もう言っちゃうのね→もう行っちゃうのね)では?
    これからも楽しく見させていただきます(^ω^)

    3
コメントを書く