冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

なんか勇者に嫌われたんですけど? 4

 ジンたちは勇者を見送ったあと店で昼食を食べた後、どうせなのでぷらぷらしようと言うことで町の中を散歩していた。

「ジンお兄ちゃん見て見て! これ綺麗!」

 ネインは手に綺麗に装飾されたネックレスを持っていた。

「本当だな! これいく……ら……」

 ジンはその値段を見てネインの持っていたネックレスを元にあった場所へ置いて逃げた。

「ネインいいか? 物を見る時はまず俺に言え。勝手に触ったり付けたりしちゃだめだからな?」

「わかった!」

 まぁ簡単にその値段を言うとお家を一軒買えてしまうくらいですよ!

 今はジンとネイン、ランとマーシュ、ダイコとレベッカの二組ずつで好きなところを回っていた。

 ランは心の中で「ジンと行きたかった……」と嘆いているもジャンケンで決まってしまったものは仕方が無い。

 ジンはネインを肩車しながら歩いていると武器屋を見つけた。
 実はそろそろ防具を買い換えたいと考えていた。

 その店へ入り何かいい防具がないのか探していると奥の方でとても軽い素材で出来た物を見つけた。

 ジンはそれを手に取り重さや頑丈さを調べいい感じだと思い値段を見る。
 それほど高額の物でもなかったが、ジンはここへ来る前に剣を買ってしまっていたため、お金が足りなかった。

 この世界では、モンスターを倒すとお金とアイテムを落とすのだが、ここまで来る道で倒してきたモンスターから落とされたお金でも足りなかった。

 ジンは買うのを諦めその防具を元に戻す。

 ネインにもなにか軽い装備を持たせた方が良いのかと思い、ネインでも装備できるような防具や武器を探す。

 安物のコーナーにあったネインのサイズにピッタリのコートがあり、材質もそれなりに良かったので購入。

 ネインは笑顔で「ありがとう! ジンお兄ちゃん大好き!」と言う。

 ジンはその笑顔にとても癒され頭を撫でる。

 時間を潰した皆は宿へ戻っており、今後の方針を決めようとしていた。

「冒険の目的でここまで来たのは良いのだけれど次の目的地はどうしましょうか……」

「そうねぇ……レガン町から反対の方向にあるこのレーデ町はどうでしょう」

「ここはあまり良い評判は聞かないわ」

「では……右の方に進んでこのイルクはどうでしょう」

「ここは私も行ったことがないところだわ。左の方へ進んでも山しかないからイルクへ行こうかしら」

 と、目的地を決めたその時だった。
 ジンたちが集まっていた部屋の扉が勢いよく開かれ一同は扉の方をみる。

 そこには槍を持ち全身を鎧で固めた人が立っていた。

「ど、どうなさいました? 兵士がなぜここへ?」

「へ、兵士? ……ってことは……」

「貴様らは勇者暴行罪ということで捕獲しろとのことだ! 大人しくついてこい!」

 一同は素直についていくことにした。

 手を紐で結ばれジンたち六人は兵士の後ろをついていく。

「ダイコさん! あなたどう責任とるんですか!?」

 ジンはダイコへ耳打ちする。

「人は皆、罪なく生きることは出来ないのよ……」

「何かっこつけて言ってるんですか!? 全然カッコ良くないんですけど!? あほなんですか!?」

「まぁなんとかなるわ……きっとね」

「ジン、ダイコは何か考えがあるのだわ。私にはわかってるわよ?」

 レベッカがそうダイコへ言うと何故かダイコは顔を逸らす。

「え、ええ、そうだわ。実はこれには作戦があったのよ……」

「な、なんですか……その作戦は……」

「その作戦は………ド忘れしたわ」

「つっかえねぇ!!!!!」

「おいうるさいぞ! 大人しくしてろ!」

「ジンちゃんだまってなさい!? 大声だすからおこられたじゃない!!!」

「ダイコさんの事はこれから信用しません」

 ジンは「とほほ……」と言いながら兵士の後ろへついていく。

 暫くついていくと飛行船が止まっていた建物、ハークス城の前まで来ていた。

 ジンが、まさかと思いながら恐る恐る兵士へ尋ねる。

「兵士さん……もしかしてここってハークス城じゃないですか?」

「そうだ。勇者様を殴った物をここへ呼び出せと命令があったのだ。ここでお前達に事情聴取をする」

「ど、どなたが……」

「貴様らが殴ったのは他国の勇者様だ。その勇者様の執事様が連れてこいと命令なさったのだ」

「そ、そうですか...」

 そしてジンたちは中へと入っていきとても大きな扉の前まで誘導される。

「ここで九カ国の勇者様とその執事様がお待ちになられている。入ったら真ん中に台があるからそこまで歩いて行け。わかったらさっさと入れ!」

 そう言われジンたちは大きな扉を開け中へと入っていくのだった……

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く