冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

冒険者は最強職ですよ? あらすじ

 とある日、ジンという人物が帰り道で、謎のトンネルを見つける。気になったジンは興味本位でトンネルを通ると、トンネルが抜けた先には、ジンがいた世界とは別の世界が広がっていた。

 そこには、空を飛ぶ人がいれば、モンスターを狩る人もいる。様々な種族の者もおり、ジンは自分が別の世界へ来たのだと知る。

 そこで初めに出会ったのは、ラン=リンテーゼだった。身長はジンの肩ほどで、髪は腰にまで届きそうな綺麗な茶色。目はパッチリとしていて、スっとした輪郭、見るものを魅了する顔立ちだ。

 ランから様々な事を聞き、この世界に職業が職業があることを知る。ジンは自分の職業が気になり、確かめに行くと、なんと最弱職の冒険者だった。

職業には、5つあり、剣士、魔法使い、格闘家、狩人、冒険者、があり、それらが上級職になると、戦士、賢者、武闘家、上位狩人、になる。だが冒険者に上級職はない。

 一応ここでも説明しておくが、冒険者は、剣士、魔法使いといった職業とは、成長が圧倒的に遅く、スキル(熟練度など)、アビリティ(職業それぞれの能力)、ユニークスキル(特殊能力)なども他と比べて少ない。

 だが、ジンは冒険者ではあったが、ユニークスキルの"限界を知らぬ者"と"言語理解"を初めから持っていた。だが冒険者という事は代わらず、一生冒険者として過ごすこととなる。

 次に、ジンとランは、ネイン=メイトという少女と出会う。身長はかなり小さく、髪型はロングヘア。顔はまさに子供の女の子と言うべきの顔だ。ネインはある問題を抱えていた。それは盗賊団に借金をしている事だった。

 ジンとランはネインとその家族を救うべく協力する事となる。そして1週間鍛錬をして、ランがジンを鍛えた。

 ネイン達が盗賊団達に連れ去られてしまう所を目撃し、ジンとランはそれについていく。ついていった先にはアジトがあり、違う施設ではネイン達の他に、多くの者が強制労働させられていた。

 ジンとランはそれを救い、強制労働者を逃がし、アジト本拠地へ向かう。

 そして複数の盗賊団を撃沈させ、多くのものに感謝され、一躍有名となる。

 次に、ジンはマッ町でオカ祭りがあると、ダイコから聞く。

 ダイコ=オンナは、ものすごくでかい巨体で、ほぼ全身が筋肉。顔はものすごい濃い化粧。髪型はスポーツ刈りを少し長めにした感じだ。そう、オカマだ。

 ジンとランとダイコで、オカ祭りに参加することを決め、マッ町へ向かう。

 そこでジン達は一つの競技、オカマラソンに出場することになる。オカマラソンの途中、レベッカ=エンドールという女性とダイコが決闘をする事になる。

 レベッカ=エンドールは、身長はジンと同じほどで、スラッとしたボディラインに綺麗な黒髪のロングヘアで、目は少し細く、顔は小さい。大人のお姉さんといった感じの女性だ。

 ダイコとレベッカが決闘をしているなか、ジンとランはオカマラソンのゴールを目指す。するとそこで事件が発生する。

 魔王幹部が登場する。ランが魔王幹部にやられそうになるが間一髪でダイコとレベッカが助けに入る。だが、魔王幹部は強く、ダイコとレベッカはやられてしまう。ジンがダイコ達を殺そうとする魔王幹部に、言葉を投げかけ、殺されてしまう。

 殺されてしまったジンは、とある暗闇の世界の中で目が覚める。そこにはとある女性がおり、ジンへ多くの言葉を投げかける。そしてジンは、自分がやらなければいけない事を見つけ、立ち上がる。

 無意識の中で闘い、魔王幹部を撃退させたジンは倒れ、目を覚ましたダイコ達にマッ町の施設へと運ばれる。

 次に、レガンへ帰ったジン達は、冒険に出ることに決め、回復の魔法を使うことのできる賢者を募集する。

 すると1人の賢者がジン達の元へ訪れる。

 マーシュ=グレイだ。身長はランより低く、ランの胸辺りだ。顔は童顔で、髪型はショート。ほっそりとした体格で、とても可愛らしい。

 マーシュを仲間に加えたジン達は、ネインも加わる事となり、ハークスへ向かう事となる。

 ハークスへ向かうと、勇者達がいた。

 この世界は九つあり、その各国に勇者が1人いる。その九人が集まり、会議を行うためハークスへと集まっていた。

 その中の1人の勇者、セレンをダイコが殴ってしまう。店に入ろうとした所をセレンが邪魔し、ダイコへ向かって悪口を言われたからだ。

 その後、話し合いをし、なんとか和解したと思ったら、ジンはセレンに決闘を申し込まれる。

 やむを得ず、決闘をする事になるが、ジンはセレンに勝ってしまう。それを見ていた、オーキ国(ジンたちが元々いた国)の勇者、セルノド=レン=ノットが、次にジンに決闘を申し込む。

 負けると想いながらも、渋々決闘を受けたジンだったが、とある力に目覚め、セルノドをも倒してしまう。

 それを見ていた、ランとダイコが、甘えていた自分を見つめ直し、自分の愚かさと弱さに気づく。その弱さと愚かさを克服するため、ネインを含めた三人で旅に出てしまうのであった。

 それを知ったジン達は、心の中でダイコ達を応援するのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く