冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 4

 説教から翌日、ジン達はひたすらリベンドを目指して走っていた。

「にしても気持ちがいいですね〜。こんなスピードで走れると!」

「ええ、そうね。でもマーシュのことも少しは考えてあげてね?」

 マーシュは、半分白目を剥いていた。酔ってしまって、ゲロを吐く寸前まできていた。

 ジンは、そんな事は気にもせず走り続ける。

 更に走り続けること一時間……

「オロロロロォ……」

 マーシュが吐いた……。

 一生懸命ゲロを耐えていたのだが、それも限界で、ジンの背中にゲロをぶちまけた。

 ジンは「ぎゃあああ!?」と奇声を上げながら、マーシュを優しくその場へ降ろす。その後は、すぐに服を脱ぎ、近くにあった川で洗い流した。
 レベッカは「だからマーシュの事も考えろと言ったのに……」と額に手を当てながら呟いた。

「ごめんなさい、ジン……私も我慢していたのでずが、オロロロォ……」

「え、えぇ。大丈夫ですよ……落ち着いてから話してくれても……」

 ジンは、マーシュの背中を擦り、面倒を見ていた。
 レベッカは「少し汗をかいたので、水浴びをしてきます。覗いたら殺しますよ?」と言ってきた。
 本当に殺されそうなので、絶対にしません。

 マーシュも落ち着き、もう少し安静にさせておこうと、マーシュを寝かしつける。

 大分時間が経っているのだが、一向に戻ってこないレベッカを、ジンは心配に思う。

「レベッカさん遅いなぁ……モンスターに襲われてるとか……?」

 その可能性を考えるが、自分よりも、はるかに強いレベッカなら大丈夫か。と思い、ジンも寝転がる。

 風が心地よく、昼寝にぴったりな気温で、ジンはウトウトする。

 すると、突然大きく地面か揺れ、ジンは飛び起きる。

「な、なんだぁ!?」

 ジンは、突然の出来事で眠気が一気に覚める。
 辺りを見回しても、特に目立ったことはなく、ただの地震か? と疑問に思ったが、その疑問もすぐに違うものとなる。

 それは、大量のモンスターが、あちこちに魔法をぶっぱなしていたために起こった、揺れであった。

 ジンはすぐに、マーシュを起こす。だが、マーシュはまだ酔いがとれておらず、フラフラとしている。
 レベッカの事も気になり、マーシュをおんぶした後、川沿いを駆け上がる。

 暫く行くと、既にモンスター数匹と闘っているレベッカがいた。

「レベッカさん無事ですか!? 僕も加勢します!」


「ジン!?」

 レベッカは、ジンが来たことに何故か驚き、ジンは「なんで驚いてるんだ?」と思い、首を傾げる。
 ジンが段々とレベッカへ近寄っていくと、レベッカは何故かしゃがんでしまう。

 ジンは更に何故?と思ったが、それもすぐに理解する。そして顔が赤くなる。

 レベッカは水浴びしている時に襲われたため、裸であったのだ。

「ジン!ココ最近私の身体を触ったり、舐めまわすように見たりと、色々しすぎよ! 反省して!」

「僕は悪くないよね!?」

 しかも、舐めまわすように見たりなんかしてねーよぉ!? と心のなかでツッコミをいれる。

 なぜモンスター達と戦闘うのはよくて、僕に見られるのがダメなんだ……? とも思いながら、戦闘に加わる。

 レベッカの前へ立ち、近寄ってくるモンスター達を、次々になぎ倒していく。

 ある程度倒すと、モンスター達は退却していった。

 ジンは、ふぅ。と息をつくと、その嬉しさに「レベッカさんやりたしたね……」と言いながら、後ろを向いてしまう。

 レベッカはまだ服を着ておらず、素っ裸のままだった。俺は何も悪くない。悪いのはモンスターだ。

 この後、ジンはこってり絞られました。

 その日は、そこで野宿することとなった。

「本当にジンは変態だわ。反省して頂きたいわ」

ごぼぉめぇんばざぁいごめんなさい

「なんでジンの顔は、こんなにボコボコなの?」

 ジンは、なんでもないですよ。と言いたかったが、喋ろうとすると顔だ痛み、言うことはできなかった。

「マーシュ。ジンには気をつけた方がいいわ。この人私の裸を見てきたのよ? だから気をつけて」

「は、はぁ……」

 ジンは泣きながら、何かを訴えるかのような目でマーシュを見つめるが、首をかしげた後、顔を逸らす。

 ジンは『俺が悪いわけじゃないのにぃ……』と心の中で言いながら、レベッカを睨む。

 レベッカは「昨日の説教のお返しよ」と舌を出しながら言うのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 牙羅守

    やりたしたねではなくやりましたねではないですか?

    3
コメントを書く