冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 10

 ダネットは、両方の手に長剣を持ち、二、三回ほど軽くジャンプし、腰を落として全身に力を込める。
 その瞬間全身からオーラが溢れだす。

「久しぶりに剣を握ったなぁ……。あの嬢ちゃん達はあの女の魔族と殺りあうのか……ならあのデカ物は俺が相手するか」

 ダネットはそう呟き、レベッカとマーシュへ近寄る。

「嬢ちゃんたち! あのデカ物は俺が引きつける! だから気にせずに、あの女と殺りあいな!」

 ダネットはそう言い、返答を待たず直ぐに、恐竜の様なモンスターを誘き寄せに行く。

「でかいなぁ……、それに多分強いな。腕がなるなぁ! 久々に滾ってきたぁ!!」

 ダネットは、高まる興奮に、剣を持つ手に力を込める。恐竜の様なモンスターを、数百以上いるモンスターの方へ、誘き寄せた後、一度距離を取って作戦を練る。

『最初にあのデカ物だなぁ……あの雑魚共は何とかなるか……よし!』

 ほんの数秒で作戦を立て、行動に移す。

 まずは恐竜の様なモンスター。
 ダネットは、目にも留まらぬスピードで、足元へ近寄り、そのスピードのまま、二つの剣で足を切りつける。

 モンスターは、喚き声を上げながら暴れだし、ダネットに向けて尻尾で攻撃をする。

 その攻撃を華麗に避け、瞬時に攻撃態勢に移る。

「この尻尾は邪魔だなぁ」と一言呟き、右手に持つ剣で尻尾の切断を試みる。だが、尻尾はかなりの硬度で、切断することは叶わなかった。

「硬っ! くそぉ〜! 現役なら傷くらいは付けられたかも。ブランクは恐ろしい」

 ぶつくさと独り言を言っているダネットに、巨大モンスターは、お構い無しに攻撃をする。

 だが、攻撃は当たりはせず、ただ地面をえぐっただけだった。

 ダネットは「どうせだしこのデカ物の鱗とか欲しいなぁ……」と言い、にやりと笑顔を浮かべると、一旦距離を取り、左手に持つ剣を背中の鞘に収める。

 ダネットは、右手に持っていた剣を、両手で持ち、力を集中させる。

「この技を使うのも久しぶりだかなぁ」と言うと、巨大モンスターの尻尾目掛けて、超速突進をする。

 ダネットは、剣を振り上げながら「剣技"一刀両断"」と叫んだあと、ものすごい速さで剣を振り下ろし、尻尾を切断する。

 尻尾を切断されたモンスターは、さらに怒りが増し、奇声をあげる。

 怒り狂ったモンスターは、ダネットに集中攻撃を仕掛ける。顎を振り下ろして攻撃や、爪で攻撃。ありとあらゆる物を使い攻撃をする。

 だがダネットは、余裕な表情を浮かべたまま、軽快なステップで、攻撃を躱していく。

 雑魚のモンスター達は、近寄ってくることはせず、ただじっと涎を垂らしながらダネットを見つめていた。

 ダネットは、攻撃を躱すも、あまりの手数の多さに、反撃ができないでいた。

「くそぉ! 攻撃の手数多すぎ! 避けるので精一杯だよくそ!」

 なんとか攻撃から逃れようと、大きくバックステップをして、後ろへ下がる。

 だが、少し大きく跳ねすぎ、モンスターが素早く動き、ダネットの真下へ移動する。

 ダネットは「しまった!」と言い、着地する寸前にモンスターの攻撃を喰らう。

「くぅ〜! 今のは効いたわ……」

 両手で持っていた剣で、ガードしたため、直撃はしなかったが、少しダメージを受ける。

「でもそうこなくっちゃなぁ!? 他にも待ってるモンスターがいるからなぁ……次で終わらせる!」

 ダネットは、鞘にしまっていた剣を、再び取り出し構える。

 決着を素早く付けるために、先程までは余裕な表情で、笑顔を浮かべていたが、ダネットは真面目な顔付きに変わる。

 ギュッと剣を握りしめ、一瞬にして巨大モンスターの目の前へ移動する。

 巨大モンスターは、それに反応し、目の前に現れたダネット目掛けて、爪で攻撃する。

 だが、ダネットはその攻撃を軽やかに避ける。その攻撃を避けた瞬間に跳躍し、鼻先まで飛び上がる。

 ダネットは、二つの剣先を交差させ、回転しながら鼻から顎にかけてぶった斬る。

 着地後は、また直ぐに移動し、右足元へ行く。

 そのまま右足を切断し、バランスを取れなくなった巨大モンスターは倒れる。

 巨大モンスターは横向きに倒れ、腹部がガラ空きになり、ダネットは、巨大モンスターの腹を一直線に斬る。

 その傷口からは、大量の血が吹き出し、腸が流れ出る。

 激痛に踠いていた巨大モンスターは、暫くすると動かなくなり、身体が消え去ると、アイテムとお金が出現する。

 ダネットは「ふぅ……あとは雑魚たちだぁ……」と呟き、数百以上いるモンスターの大軍に、立ち向かって行った。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く