冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 12

 マーシュが泣き続け、それを背中にジンは、メルノドを監視していた。

 未だに目を覚まさないレベッカを、マーシュの隣へ移動させ、マーシュに「マーシュさん。レベッカさんをお願いします」と言い、任せる。

 ジンは、先程の戦闘でかなり体力を消耗しており、今の自分では時間稼ぎにもならない、と感じた。

 メルノドは蹴っ飛ばした時に倒れたまま、一向に起きようとはしない。その間にダネットの方を確認する。
 ダネットの方は問題ない。もう既に雑魚を倒しきっており、今はアイテムとお金を全力で回収中だ。

 ふふっ、と笑い、メルノドの方へ向き直すと、今にも鼻の先が当たりそうな距離に、メルノドが接近していた。

 メルノドはジンの腹部を殴り、ジンは血を吐く。

『いつのまに!? こいつは速すぎる』

 腹部に感じる激痛に耐え、反撃をするが、殴る頃にはメルノドは消えていた。

「どこにいっ……」

 ジンがメルノドを探そうとすると、背中に激痛が走り、いつのまにかジンは飛ばされていた。

「ック……! 強すぎる……」

 更にメルノドは、着地寸前のジンに、間髪入れず攻撃をする。

 ジンは為す術もなくやら続ける。

『まずい! このままだと体力が……死ぬっ!』

 頭では解っていても、メルノドの速すぎる口撃の前にはどうすることもできなかった。

 その時だった。

「坊主! 大丈夫か!? 今助けてやらァ!」

 そう言って、メルノドに斬りかかったのはダネットだった。

 だが、ダネットの攻撃を察知し、メルノドに距離を取られ、攻撃は不発に終わる。

「チッ……ありゃあ強すぎる。俺たちに負える相手ではない。一旦引くか? 坊主」

「そうしたいんですけどねぇ……あの男の魔王幹部とは強さの格が違いすぎるんですよ……こいつ。なので逃げようとしても、多分直ぐに追いつかれますよ」

「おぉ……冷静だなぁ……あんだけ殴られて冷静なのは大したもんだ。俺が褒めてやる」

「それはどうもです。それよりも僕は回復したいんですけどねぇ……」

 そう言うと、ダネットが何やらポケットを漁り出す。そして、何やら青い液体の入った小瓶を差し出してくる。

「しゃあねぇ。俺の回復薬一本やる。その代わり頑張ってくれよ?」

「ありがたく貰います! 頑張るのは当たり前です。僕にはやらなければならない事があるので」

 そう言った後、小瓶の蓋を開け、青い液体を飲み干す。味は……美味しいとは言えないよ?

 ジンは、自分の体力がみるみる戻って行くことを実感する。

「すごい……初めて飲んだんですけど、効果絶大ですね、これ」

「そうだろぉ? 高ぇんだよそれ」

「えぇ!? 高いの……うそーん……」

「ほらほら、お喋りはここまでだ。くるぞ」

 ダネットとジンは、メルノドの方を向き構える。

 今のジンには武器がなく、素手で戦うことになる。格闘の熟練度も皆無なため、正直な所、どうしようとかんがえていた。

 その事を考えていると、目の前からメルノドが消える。ジンには見えなかったが、ダネットには見えていた。

 メルノドはダネットに突進をし、殴りかかったが、それをダネットは、両手に持つ長剣でガードする。

「クッ……重いなぁ……」と言いつつも、メルノドに蹴りを入れる。
 だが、メルノドは一瞬で数メートル離れ、攻撃が当たらず、ダネットは空を蹴る。

「おいおい……これは本気でまずいなぁ……これが魔王幹部……」

 ダネットの額には汗が浮かび、一滴汗が垂れる。

 ジンは、力になれない自分が悔しくなる。

『クソォ……見えない……自分もやらなきゃ……レベッカさんとマーシュさんを守らなきゃ……』

 身体の奥底で、ジンの闘志がフツフツと燃え出す。

 そう思いながら、メルノドの方を見て、全神経を闘いに注ぐ。

 ダネットも同じく、メルノドの方を見て、剣を持つ手に力をいれる。

「坊主……臨時コンビといかねぇか?」

「コンビ……ですか?」

「あぁ……はっきり言うが、あいつは俺一人では相手にならん。だがお前となら別だ。お前は強い。だから俺とコンビを組んでやつを叩く。どうだ?」

 ジンは、ダネットの提案に迷うことなく答える。

「わかりました……臨時コンビと行きますか! ダネットさん!」

「おうよ! 俺があの女を誘き寄せて、意識を俺に向かせている間に坊主が叩く。これでいいか?」

「了解です!」

 そして、ここにダネットとジンの、臨時コンビが結成される。
 

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く