冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 13

「おっしゃ坊主、行くぞ!!」

「はいっ!」

 その言葉と共に、ダネットは力強く地面を蹴り、メルノドへ突進をする。

 メルノドが、ダネットの突進を両手で受け止め、後ろへ受け流す。

 メルノドがダネットを飛ばし、後ろを向いた瞬間に、ジンは後頭部をぶん殴る。

「これでどうだ!?」

 殴られたメルノドは、その勢いで、地面に頭を埋める。

「坊主! 今がチャンスだ! たたみかけろ!」

 そして、ジンはメルノドを殴り続ける。
 あまりのメルノドの硬さに、ジンは手から出血する。だが、これを逃すと次のチャンスはいつ来るか解らないと思い、痛みに耐えながらひたすら殴り続ける。

「坊主、変われ!!」

 ダネットがそう言い、ジンはバックステップをしてメルノドから離れる。

「二刀剣技"龍星斬"」

『剣技……そんなものがあるのか……』

 ジンは、ダネットの剣技を興味深く見ていると、目にも留まらぬ剣さばきでメルノドを斬りつけ、それはまるで流れ星が無数に流れていく様だった。
 未だに地面から頭を出す様子がないメルノドは、身体中から血を吹き出し、地面には大量の血が流れる。

 ダネットの攻撃が止まり、ダネットはジンの元へと近寄る。

「これくらいやりぁいいだろぉ! 引退しても、まだまだ行けるなぁ!」
 だがその時ジンは、ダネットが少し荒く息をしていたのを見逃さなかった。

「坊主、トドメを刺すが、俺がやってもいいな?」

「はい、やっちゃってください」

 ダネットは、こくりと頷くと、メルノドへ近寄り、首元に剣を軽く当てる。

「これで終わりだ」

 そう呟き、剣を振り上げた時だった。

 ダネットは剣で首を斬ろうと、剣を振りおろす。
 だが、その斬撃は空を斬った。

「……は?」

 ダネットは間の抜けた様な声を漏らし、何が起きたのか解らず、ボーッとしていた。

「やりましたか? 姿が消えたって事はアイテムとお金に……」

 そうジンが喋りかけていると、突然目の前からダネットが姿を消す。

「……ダネットさん?」

 周りを見てもダネットはおらず、ジンは困惑する。暫く辺りを見回していると、町の門の壁に穴が空いてる場所を見つける。

「あんなとこに穴なんて……ッ!?」

 その穴から出てきたのは、なんとダネットだった。

「痛てて……何が起きたんだ?」

 ダネットは、ゆっくり穴から出ると、ジンがこちらを向いて何か叫んでいるのを確認する。

「何手を振ってるんだ? ……ん? 後ろ……?」

 そう叫んでる様に見えたダネットは、ゆっくり後ろを振り向く。
 振り向くと、目の前に奇妙な笑みを浮かべているメルノドが立っていた。

「こ……ろ……すぅぅぅう!」

 奇声をあげながら、メルノドはダネットを殴りつける。それにダネットは、反応することが出来ず、顔面に殴打を喰らう。

「ダネットさんが顔面を殴られ…ってこっちに飛んでくる!?」

 ジン目掛けて超速で飛んでくるダネットを、ジンは何とか受け止める。

「ダネットさん! ……気絶してる……!?」

 今の一発でダネットが気絶した事に、ジンは恐怖する。

「こんなの……勝てるのかよ……女神様が魔王幹部を強いって言うのが解った……」

 ジンは、一度深呼吸した後「ダネットさん、それとレベッカさんも。僕がやり返してやります。だから、今は休んでてください」と言ってダネットを、マーシュの元へ運び「マーシュさん、ダネットさんも任せましたよ!」と言い、ダネットを置いたらメルノドの元へ戻る。

「僕が……僕がやってやりますよ……」

 口にはしたものの、足は震え、腰は引け、手には力が入らない。

 メルノドは不気味な笑みを浮かべ、テクテクと歩いてくる。

『怖い……こりゃまた死ぬかもなぁ……次死んだら生き返れるのかなぁ? あぁ……怖いなぁ……』

 そう怖気付いている時だった。

『おっしゃぁぁあ! ついにこの時が来ましたねぇ!!! このレベルまでよく来ましたよジン!』

 何やらジンの頭の中に直接喋りかけてくる。その聞き覚えのある声に、ジンはもしや……と思う。

『そうです! そのもしかしてです! 私、頭に直接喋りかけてます!』

「いやいやいやいや!? どうやって!? それになんかキャラ壊れてません!? もっとこう……穏やかそうな……」

『いやいやいやいや! こういう勝てない相手と闘う時ってワクワクしませんか!? しない方がおかしいです!』

「はぁぁあ!? 勝てない相手と闘う時ワクワクなんかしませんよ!?」

『あぁー。わかってない。全くわかってない。折角このレベルまで達し、私の力を上手く使えこなせるかと思ったのに。もういいですよ。力貸しません』

「ち、力……? それはどういう……」

『あー何も聞こえません。やる気のない人に貸す力なんてありません』

 うっざ。後でしばきてぇ……

「わかりました! やりますよ! 僕がアイツを殺してやりますよ! って言うか、やる気が無かったわけじゃないもん。ただちょっとビビってただけだもん」

『言い訳はダメですぅー! ビビるって言うかチビってたくせに』

「はぁあ!? そ、そんなことなぁ」

 そんなことない、と言おうとすると横からメルノド が殴りかかって来て、ジンはぶっ飛ばされる。

「痛ったぁ!」

『ばーかばーか! 女神に悪口を言ったバツです』

 本当に後でしばく。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く