冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう守られるだけの僕じゃない 2

「問答無用!!」

 剣を持った青年は、叫びながらジンへ斬りかかった。

「おっと! 話を聞いてくれって!」

「うるさい! 敵と喋ることなんて何も無い!」

 そう言いながら、力任せに剣を振り回し、ジンを角へ追い詰める。

「しまっ……!」
「おりゃぁあ!!」

「あっぶねぇ……」

「……ッ!? 剣を片手で止めた……!?」

 流石に少しまずいと思ったジンは、疲れているのにも関わらず、少しだけオーラを纏って剣を受け止めた。

 ジンは直ぐにオーラを解き、剣を捨てさせると、青年に「他の避難者はいるんですか?」と尋ねる。

 が、「くそぉ! ここまでか……みんなごめん……」

 そう言い涙を流し始めた。

「待って待って! 別に僕は君を殺しに来たんじゃない。さっきも言ったろ? 助けに来たんだって!」

「……それは本当?」

「うん。本当に」

「本当に助けに来たんですか?」

「だからさっきからそう言ってるでしょ……はぁ。疲れる」

「それはありがたい! ご案内します!」

 念の為、扉を閉め鍵をした後、青年の誘導で避難者が居る所へ案内してもらった。

 暗くもなく明るくもない道を、暫く歩いていると「ここです。ここに皆います」と言い、少し大きめの鉄の扉の前へと案内された。

「扉の先には、また扉が……厳重な警戒だ……」

「はい、これはこの国の王様と勇者様の意見で作られた物なのです。この町に勇者様方が住んでいらっしゃるので」

「へぇ……その勇者さんの名前は?」

「ソンゲル様と言う名前です」

 一度会ってはいるが、名前は知らなかったため、どんな勇者か想像ができなかった。

「へぇ……強いんですか?」

「この国では上位の方だと思います……ですが、物凄く強いと言う訳ではないんです……この町に住んでいるダネットさんの方が何倍も強いのですが……」

 その名前にジンは少しビクっとする。

「知っているのですか?ダネットさんを」

「ま、まぁ名前だけはね……ははは……」

 今は宿のベッドの上で寝てるなんて言えない……

「まぁいいです。とりあえず入りましょう」

 中へ入れと促されたため、素直に従い扉を開ける。

 するとそこには、物凄く広い空間があり、その空間にビッシリ埋まる程の人がいた。

「おぉ〜い! みんな〜! 助けが来たぞ〜!」

 その言葉に反応し、下を向いて恐怖に怯えた顔をしていた人達が、一瞬にして表情を明るくさせる。

「本当か!?」「助けに来てくれたのか?」「ここから出られるのか!」
 などの声が多く聞こえた。

 ジンは、ここに来た経緯と、今の外の状況を教え、もう安心だということを伝える。

 外から来た魔物達は倒したのか? などの質問がジンに投げかけられ、その質問一つ一つに丁寧に答えていった。

 本当に安心だということがわかると、町の人々は安堵の声を漏らしていた。

 そうして外へ出るよう促し、全員外へ出たことを確認すると、最後にジンが退室し、一同は地下施設を後にする。

 外へ出た町の人々は、一目散に各々の家へと帰っていった。

「ふぅ〜! これで一件落着っと! 俺も帰って寝よ〜っと」

 伸びをしながら歩いていると、突然声をかけられる。

「あ、あの……貴方がこの町を救ってくださったのですか?」

 それは綺麗な女性の二人組だった。

「僕だけでは無いですけれど、確かにこの町を救ったのは僕達ですよ」

 そう言った瞬間二人は泣きながら感謝をする。

「本当にありがとうございます。この町は本当にいい場所で、大切な思い出がある町なんです」

「そうなんですね……そんなに大事町を救えたのなら、僕達も嬉しいですよ!」

 その後、もう一度礼を言って、二人は泣きながら去っていった。

「本当に、この町を救ってよかったな……」

 ポツリと呟き、少し照れたような顔つきで、小さくガッツポーズをしながら宿へ帰った。

 宿へ帰ると、レベッカとマーシュはまだ寝ていたが、ダネットが身体を起こしていた。

「ダネットさん大丈夫ですか? 顔とか痛みませんか?」

「あぁ……身体はあまり痛くは無いが、顔面はすごく痛いな」

「まぁそうですよね……諸に顔面殴られましたもんね……」

「あれは効いたぜぇ〜? それよりあの嬢ちゃん達は大丈夫なのか? 後坊主も」

「えぇ、僕は大丈夫ですし、多分マーシュさんもレベッカさんも大丈夫です! レベッカさんは何時目を覚ますかわかりませんが……」

「そうか……わりぃな……一番年上の俺が足引っ張っちまって……って言うか勝ったのか?」

「いえいえ、本当にダネットさんが居なかったら勝てませんでしたよ! あの魔王幹部はもういませんよ! 安心してくださいね!」

「そうか……坊主。お前何もんだ? 上級職なのか?」

「……ええっと……」

 ダネットは興味有り気な顔でこちらを見てくる。

「ぼ、冒険者です……よ?」

「ん? よく聞こえん。もう一度頼む」

「冒険者です」

「は? 冒険者なのはわかるが、職業を聞いてるんだぞ?」

「はい……その職業の中で最弱職と言われてる冒険者です……」

 ダネットは暫く無言になると、突然顔色を変えて叫び出した。

「は、はぁぁぁぁぁああ!?」

 ま、まぁそうなりますよねぇ……と心の中で呟いた。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く