冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう守られるだけの僕じゃない 3

「お、おいおい……嘘はよくねぇ……本当は上級職なんだろ?」

「い、いえ……本当なんですよ。これが……」

 そう言い、本当に冒険者だという事を認識してもらうために、ステータスカードを出す。
 ステータスカードに血をつけ、数を浮かび上がらせる。

 ダネットは目を最大まで開かせながらステータスカードを覗いてくる。そして二人はその数値を見て声を上げる。

「「な、なんじゃこりゃぁぁあ!?」」

「おい、なんで坊主まで驚いてるんだ」

「い、いやいや! 前見た時はこんな数値じゃ無かったんですよ……」

 多分誰が見ても同じ反応をするだろう。

 そのステータスカードのありえない数値に。

ジン
職業 冒険者

HP 3210
MP 880
攻撃 2500
防御 2300
魔法 1200
敏捷 2400

スキル
熟練度 長剣 100
熟練度 短剣 45
熟練度 細剣 36
熟練度 武闘家 30

ユニークスキル
"限界を知らぬ者"
"言語理解"
"女神の加護"
"神力(女神の加護発動時のみ使用可能)"

アビリティ
"神力"発動時 一時的にステータス超上昇


 こう記されていた。

「な、なんだお前、"女神の加護"って!? そんなのあるのか!?」

「そ、それには色々と理由があるんです。それに新しいユニークスキルもある……」

「こ、この"神力"ってのは一体何なんだ?」

 そう尋ねられ、流石に答えないわけにはいかず、メルノド戦での事を全て話す。

「ふえ〜。坊主、お前強かったんだな……このステータスは俺を超えてるよ……」

「そ、それはどうも……」

 二人の間に、暫くの沈黙が訪れる。

『き、気まずい……っていうか、よくよく考えてみると、ユニークスキル発動してる時この倍以上のステータスになるんだよなぁ……』

 そっとステータスカードから顔を上げると、ダネットと目が合う。

「坊主……」

「ダネットさん……」

 ジンは、ダネットの言葉を待っていると、突然ダネットに肩を掴まれる。

「お前なら、できるのかもしれない」

「……え? 何をです?」

 そう訊くと、少し言うのを躊躇った様子が伺えた。

 何をそんなに躊躇って……

 そう思った瞬間だった。

「魔王討伐だ」

 その言葉に、自然と身体に力がはいる。
 ジンは女神の言っていた事を思い出す。

 魔王討伐。その単語がまさかダネットの口から聞くこととなるとは、全く思ってもいなかった。

「なぜ……貴方が僕に魔王討伐を頼むんです?」

 その問いかけに、ダネットは目を瞑り昔話を話し始める。

「それは昔の事だ……」

 そこからは、ダネットの現役時代の話を聞かされた。

 ダネットが今のレベルになった時、それはもう大分前だそうだ。

 その頃は、自分と同じくらいの強さの奴らがゴロゴロ居たらしく、みんな魔王軍討伐に尽力していたらしい。

 だがある日、一人の相手によって、その強者達はほぼ殺されてしまったらしい。

 その相手とは、魔王の右腕として魔王軍を率いている奴だったらしい。

 その敵との戦闘に、ダネットも参加していたらしいのだが、強さの格が違いすぎて手も足も出なかったと言う。

 それで多くの仲間を失い、その場に運良く生き残ったものは、その強さの前に怯えてしまい、次々に冒険者を引退していったと言う。

「それで僕に魔王討伐ですか……実はもう一人の方にも、その魔王討伐を頼まれているんです」

「そうなのか? それは一体……」

「女神様ですよ」

「話したことがあるのか?」

「ええ……この事は黙っててくださいよ?」

「あ、ああ……第一人に言える様なものでもないからな」

「ありがとうございます。それで、魔王討伐の事ですが、実は今日の襲撃も、女神様が教えてくださったからここに来れたんです」

「ほほぉう……もしお前らが居なかったら……完全にこの町は殺られてたな……」

「はい……なので、今日みたいに襲撃されそうになっている場所へ向かい、それを僕とレベッカさんとマーシュさんの三人で阻止しなければならないのです」

「それは過酷だな……もっと人が欲しいところだが……パーティーに誰か誘わないのか?」

「はい……本当は僕達は六人パーティーなんです。その内三人は、今は少し旅に出てしまったのです。自分を見つめ直すという名目で」

「そうなのか……その帰りを待っているのか……でも、それでもキツくないか? だって三人だぞ? いくら坊主が強かろうが、大変な場面とかあるだろ? 旅に出ている間だけでも臨時でパーティーに加えれば……」

「うーん……言葉にするのは難しいんですけど、僕の仲間は三人だけの力で旅をしているんです……そんな中、僕達だけ大人数でワイワイ冒険なんてしたくないんですよ……僕は今の三人で、旅に出ている人達を出迎えたいんです」

「そうか……お前は良い奴だ。俺も協力はしてやりてぇがなぁ……俺には家庭がある。そっちの方が今は何よりも大事なんだ……だからまぁ、なんだ。もうすぐここを出ていくのだろ?」

「はい、レベッカさん達が目を覚ましたら出ようと思います」

「なら餞別にこれをやる」

 そう言いダネットは、背中に装備していた二本の剣をジンへ渡す。

「こ、これは……いいんですか?」

「これはかなりレアな素材で造られていたな……絶対に壊れることはない。切れ味抜群。そんな代物だ。世界中探してもどこにもないぞ? その二本だけだ」

「そ、そんなものを僕に……」

「いいんだ。お前になら安心して預けられる。頼むぞ、坊主」

 そう言いダネットは手を差し伸べてくる。ジンはその手をギュッと握り、握手を交わす。

 ダネットは『お前ならできるはずだ……頑張れよ期待の冒険者』と心の中で呟くのだった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く