冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう守られるだけの僕じゃない 4

 握手を交わした後、ダネットは家に戻って家族の安否を確認しに行くといい、宿を去った。

 ジンは、あの闘いからまだ一睡もしておらず、身体中に疲労が蓄積していた。

「くあぁ〜! 疲れたなぁ。シャワー浴びて寝よ」

 眠い目を擦りながらシャワーを浴び、血がついた服を洗った後、ベッドへ直行し三秒で夢の世界へと旅立った。

 『……あれ? ランとダイコさん……? ネインはいないの? ……それに、横にいるのは……え? どうしたの? ランもダイコさんも……。!? 何をして!? 何してるのラン、ダイコさん!!! お前ランとダイコさんに何を!? ……おいそれはやめろ! やめろぉぉお!!』

「やめろぉぉお!! ……なんだ夢かっ……てあれ? 何の夢を見てたんだっけ? なんで俺は泣いているんだ……」

 まぁいいか、と思い欠伸をしながら毛布をどかそうとする。

 だが、なぜか毛布とは違った感触の物を掴んでしまう。

「っん! ……ぅぅ」

 待てよ? このパターンはどこかで経験したような覚えがあるぞ?

 嫌な予感しかしないジンは、恐る恐る掴んでいるものに視線を移す。

「あら? ジン起きたの? それで……、貴方はそんなに私を触りたいの?」

 わかった。この次の展開が。これはあれだ……。殴られるか蹴られるかのどっちかだ。

 ジンは諦めたかの様に「すいません。悪気はなかったんです」と言うと、レベッカは笑顔で返事をする

「ジン? わかってるわよね?」

 その後は皆も想像できるでしょ? お察しの通り。鉄拳制裁ですよ。あぁ痛いのなんの。

 レベッカにかなり絞られたあと、ジンは改めてレベッカと言葉を交わす。

「レベッカさんはもう大丈夫なんですか? どこか痛みませんか? って言うか触ってしまうのはやはりレベッカさんが悪いのではないですか?」

「かなり寝てたから身体は大丈夫だわ。それと、なんですって? 何が私のせいですって?」

 そう言いながら、なぜかシャドーボクシングを始め出すレベッカにビビり、ジンは「すいません。いつもいつもわるいと思っています」と土下座をして謝った。

 もうこれからは僕のベッドに入ってこないでよね……

 そんないつも通りの会話をしていると、マーシュが「おはようございますぅ〜」とのんびりした声で、ジンの部屋へ入ってくる。

 そのマーシュの格好にジンは言葉を失う。

「あれ? ジンはなんでそんな顔をしてるの?」

「マーシュ。男の子の部屋にそんな格好で入ってくれば、誰だってそうなるわ……」

「へぇ?」と言いながら自分の格好を確認する。

 そのとてつもない格好に気づいたマーシュは「ジンの変態!」と顔を真っ赤にしながら叫び、扉を力強く閉めた。

「まぁーた僕のせい。何も悪くない。なんで? おかしいよ」

 ジンは心の中では『ありがとうございますマーシュさん。あとレベッカさんも。僕は毎日が幸せです』とこっそり感謝をする。

 その後、着替えたマーシュが再びジンの部屋へ入り、三人集まるとまずは、レベッカか気絶していた間に何が起きたのかを伝え、その次にどこへ向かうかを決める。

 レベッカは、自分が気絶していた間にそんなことがあったのかと、少し自分の弱さを噛み締める。が、すぐに気持ちを切り替え、今後の方針について話し合う。

「ねぇジン。貴方さっき女神と喋れるって言ったわよね? それで次の襲撃場所とか聞けないの?」

「あの時は女神様から声を掛けてきましたので……僕から喋りかけるにはどうすればいいのかわからないです」

「あなたのその"女神の加護"を使ったら喋れるようになるとかじゃないの?」

「う〜ん……わからないですがやってみます」

 ジンはそう言い、"女神の加護"の力でオーラを纏うい「女神様〜? 聞こえますか〜?」と尋ねてみる。

 するとなにやら騒がしい声が聞こえてくる……。

『いけぇぇぇえ!!! あっ、何してるの私!? 違うそこじゃ……ああああああ!! やられだぁぁ』

「あ、あのぉ……女神様……声がダダ漏れなんですけどぉ……もしかして、ゲームしてます?」

『くっそぉぉ! まだ負けてないぞぉ! おらおら……あ、ピザ屋さんきた! はいは〜い、ちょっと待ってて〜』

「何してんすか!!!! このバカ女神! 神の世界にピザ屋さん!? 神の世界でゲーム!? 働けこの馬鹿!」

『はぁぁぁあ!? 誰が馬鹿よ!! こっちはピザを受け取らなきゃならないのと、ゲームをしなきゃいけないという大事な使命があるのよ!』

「はぁぁあ!? そんなことしてるとこれから女神様の事は『バカ女神』って呼びますからね!」

『やめて! そんな変な名前はやだ! お願い許して……このゲーム終わったら話すから待ってて……ね?』

「ね? じゃねぇぇぇぇえ!!!!」

 レベッカとマーシュには女神の声は聞こえては無かったが、ジンの反応を見て「「使えない女神なのね」」と一言呟くのだった……。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く