冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう守られるだけの僕じゃない 14

「くっそ……まさか反撃されるとはな……だがもうお前には攻撃をさせはしねぇ」

「あらあら? そんなこと言ってあとで後悔しても知りませんよ?」

「あぁ? まぐれで当てただけの攻撃だろさっきのは。次は確実に急所を狙いに行くからな?」

「急所を狙ったところで、こっちには賢者がいるのですよ? そう簡単にはくたばりませんわ」

「おもしれぇ……」

 グスタフがニヤリと、不敵な笑みを浮かべると、レベッカの目の前から消える。

「まさかっ!」

「ならこの女を先に潰すのは当たり前だよなぁ!?」

「……こっちに来る?」

「マーシュ逃げて!」

「……へっ?」
 そのレベッカの叫びは、マーシュに届く。が、届いた頃にはもうすでに、グスタフはマーシュの目の前にいた。

「死ねぇ」

「死ぬ……って思うじゃないですか?」

 グスタフが攻撃をしようとするが、その前にマーシュが攻撃をする。

「……は?」

 攻撃をされた事に、グスタフは動揺を隠せないでいる。

「私が回復魔法だけを覚えると思いますか? ……まぁ覚えてる魔法の九割は回復魔法ですが……。でも安心! 対攻撃用魔法も一つだけ覚えていたのです! それも反撃型のやつです! えっへん!」

「すごいわ! 見直したわマーシュ!」

『やばい……なんかもう安心ね、見たいね眼差しをレベッカに向けられているわ……言えない。この魔法は一度しか使えないなんて口が裂けても言えない……』

 マーシュは、胸を張ってはいるものの、実は全身汗だらけで、ものすごくビクビクしていた。

「くっそぉ……次は仕留める!」

「そうはさせないわ」

 マーシュの元へ向かおうとするグスタフの目の前に、レベッカは急いで向かう。

「くそ……本当だりぃなぁ? もう女を殺すのは本当はしたくは無かったが仕方がねぇ」

「私もあなたを殺す気でかかりますわ?」

「……そうかい」

 グスタフは、構えを取る前のレベッカに一瞬で近寄る。そして、短剣を心臓目掛けて一直線に刺す。

 だが、その攻撃は外れ、腹部に蹴りを食らう。

「誘われたのか……!」

 レベッカは油断をしてると見せかけ、いつでも反撃できるようにしていた。

「まだまだいきますよ?」

 レベッカはそのまま、グスタフに反撃をさせる暇も与えない程の手数で攻撃をする。

 今できる限りの攻撃をし、全ての攻撃に殺意を込める。

「うがぁぁああ!」

 だが、グスタフが両手を勢いよく広げると、攻撃が押し返されレベッカはバランスを崩す。

「しまっ……!」

 そして、レベッカはグスタフの強烈な蹴りを肋に食らう。

 その時、肋が数本折れた音がするのと共に、レベッカは吹っ飛んでいく。

『やはり強すぎるわ……私のレベルではここまでかね……やっぱりジンを頼る他ないのかしらね……』

 吹っ飛ばされた時、レベッカはそうおもってしまう。

 だかしかし。

『そんなのは嫌だ!』

 そう思った瞬間、レベッカの身体からは莫大な力が溢れ出す。

 ぶっ飛んでいるレベッカに追い打ちをかけようと、近寄ろうとしたグスタフだったが、そのレベッカから溢れだす力を瞬時に感じ取り、足が止まる。

「あの女……この状況でレベルが上がったのか……?」

 その溢れ出す力の前に、グスタフは少し冷や汗をかく。

 レベッカは着地すると、その身体の底から溢れ出す力に、自分でも驚愕する。

「身体の奥底から力が湧き上がってくるわ……」

 レベッカが、ジンに頼るのはダメだ。自分も一緒に闘わきゃいけない。そう思った瞬間にそれは発現した。


ユニークスキル
"底なしの力"


 それは、レベッカのジンへ対する思いが強くなればなるほど、力が溢れ出していく。というものだった。

「なぜでしょう……今ものすごくジンに会いたいわ……そう思うと力がどんどん沸いてくる」

 そして、レベッカの纏うオーラの色が薄い白色から濃い白へと変わる。

「今ならなんでも出来そうだわ……」

 二度首をならしたあと、レベッカはグスタフを睨み、構えをとる。

 グスタフは、本能的に危険信号を出してしまう。

「こ、この俺が震えるだと……俺が逃げるって……? そんなわけにはいかねぇなぁ!」

 震える身体を無理矢理に止め、全身に力を込めて、レベッカを睨み構えをとる。

「レベッカから感じるこの力……すごいわ……」

 レベッカとグスタフが睨み合い火花を散らす。

「先程とは違う私をお見せいたしますわ……」

「戯れ言を……たかが少し強くなっただけだろ? お前よりレベルの高い俺が負けるわけがない」

「果たしてそうでしょうか? 声が震えているようにも聞こえましたが……」

「気のせいだ……!」

 そう言うと、グスタフが先に動く。

 グスタフは、コンマ一秒でレベッカの目の前に行く。が、着いた頃にはそこに、レベッカはいなかった。

『は? どこに……』

 どこに言った、と思った瞬間、背中に激痛が走ったと思うと、何故か身体は飛ばされていた。

 何が起こったかわからないグスタフは、ただ考えた。

 だが、その答えは出ることは無かった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く