冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 4

 お昼休憩の後からは、休まず走り続ける。

 そして、数時間か走り続け、空は暗くなり始めた頃だった。

「見えてきました! あれじゃないですか?」

「そうよあれよ!」

 そして、オンセン町の目の前まで行くと、門の外からでも臭う温泉独特の匂いと、立ち上る白い湯気。まさしく温泉の町だ。

「とうとう着きました! じゃあ早速……」

「「「ちょっと待ったぁ!」」」

「え!?!?」

 オンセン町へ入ろうとした瞬間、ジンは肩を三人に捕まれ止められる。

「な、なんです? 僕は早く温泉に入りたいんですけど……」

「「「私と一緒に入りましょう!」」」

「はぁ? 何を言ってるんです? 僕は男ですよ? ましてや僕はまだ大人と呼べる年ではありません。そんな僕と綺麗な女性三人が一緒にいたらどう思われると思います?」

「「「き、綺麗ですって!?」」」

 全く。僕がどれだけ周りの人から変な視線で見られなければならないと思ってるんですか? 殺意のこもった視線ばかり。だから僕は断固一人で入る事を求む。

 ジンが目をつぶり無言で勝手に頷いている中、三人はジンの言った言葉に照れていた。

『わ、私が綺麗ですって! ジンたら、本気で言ってるのだとしたら抱きつきたいくらい嬉しい事だわ!』

『私はちっちゃいし、いいとこは無いけどジンが綺麗だって言ってくれた……嬉しくて回復魔法をかけたい気分だわ』

『出会ってまだ数日の私を綺麗って言ってくれた……嬉しいぃ……』

 ジンが目を開くと、何故か顔が赤くなっている三人を見て、なんで赤いの? と思いながらも、一度ごほん、と咳払いをして話を続ける。

「なので、僕は一人で入ります。三人は仲良く女湯に……」

 そう言いかけた時だった。急にレベッカがニヤリと笑うと、思わぬ一言がレベッカの口から放たれる。

「ジン、貴方には言ってはいなかったけれど、実はここの温泉、女湯も男湯もないのよ。つまりは混浴……そう! 混浴なのよぉ!!!」

「混浴……だと!?」

 それはまずい! 俺の理性が完全に吹っ飛ぶやつだ! それだけは何とか回避しなければ!

「ジン、どうやったって回避不可能よ。ここは毎年かなりの人が来る。それも恋人同士や家族連れや友人同士でね……そんな中一人で入っていたらどう思われるかしら?」

 それを考えた時、ジンはその光景を想像してしまい、冷や汗が一滴たれる。

「観念しなさい!」

 エレンとマーシュからは拍手が起こり、ジンは為す術の無さに、その場な四つん這いになる。

 終わったなぁ……よし。こうなったら目を閉じながら入ってやる。

 観念したように見せ、こっそりと作戦を立てながらオンセン町へ入っていった。

 オンセン町へ入ると、多くの観光客で賑わっていた。恋人、家族、友人同士しかおらず、一人で歩いてる人など一人もいなかった。

「とりあえず宿を探しましょう。そこに荷物を置いてから一度集合して温泉へ行きましょう」

 そのジンの意見に三人は首肯し、歩き始める。

 町中の人々は、全員タオルと桶を片手に持ち、浴衣を着て歩いていた。

 そして、ジンが特に気に入っていたのは、町の風景だった。

 日本で言うところの京都を連想させるような、建物や町並みがとても和風的だ。

 ここを見てると修学旅行を思い出すなぁ……日本が恋しくなるなぁ〜。それに紅葉なのかな? とっても色鮮やかに咲いているし。ここはすごい好きだなぁ〜。

 オンセン町では一年中紅葉が咲いている。そのためずっとこの景色は崩れない。

 日本の事を思い出しながらも、とぼとぼ歩いていると、ようやく宿を見つける。

 が、ここで問題が起きる。

「ごめんなさい……二部屋あるにはあるんだけどね? 二人部屋なのよ……だからどなたか男性と一緒になってもらう形になるけど大丈夫?」

「「「問題ないわ!!!」」」

「本当? なら良かったわぁ」

 そして、部屋の鍵を貰い、部屋の前まで来ると三人は突然右手を前へ突き出す。

「なんで手を突き出してるんです?」

 そのジンの問いかけは聞こえてはおらず、ジャンケンが始まる。

 レベッカ、マーシュ、エレンは顔を真っ赤にしながらただひたすらジャンケンをする。

 そして決まったのは……

「やったぁ〜!」

「チビ」

「チビです」

「ふっふ〜んだ! 勝ったものが全てなんですぅ〜!」

 マーシュに決定した。ジンはもうこの際誰でもいいと思っており、そんな事よりも温泉の事で頭がいっぱいだった。

 そして、それぞれ部屋へ入り、荷物を置く。

「さぁジン。私と温泉へ向かうわよ!」

「は、はぁ……」

 ジンは、マーシュに腕を引っ張られながら部屋を出る。

 そして、レベッカとエレンと合流したあと、四人はジンを引っ張りながら温泉へ向かうのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー135113

    最後のセリフ、いわれています
    ですよ

    2
コメントを書く