冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 6

「ジンー! 次は私と露天風呂へ行きましょう!」

「わ、わかりましたから〜! 胸に腕を埋めないで〜!!!」

 かぁー!! 周りからの視線が痛い! ごめんなさいごめんなさい……こんな僕がこんなに綺麗な人と……。

 そして、露天風呂の場所へ着く。

「さぁ着いたわ。ジン、奥へ行きましょう!」

「え!? 奥は……」

 レベッカさん!? そこの看板に恋人限定とかいてありますよ!? 僕達そんな関係でもないですし、まずレベッカさんと僕なんか不釣り合いですよ!? レベッカさんはもっとイケメンで優しい人と行くべきで……

「監視員の人が来ましたよ!?」

「問題ないわ!」

「ここは恋人限定なのですが、大丈夫ですか?」

「問題ないです。私達仲がいいのですよ?」

「そうですか。ならどうぞ」

 この時、ジンは助けてと目で送るがなぜか監視員は無視をする。

 この時、ジンはなにも感じなかったが、監視員には感じていた。

『あの目はやばい。多分通さなかったら殺されてる。怖すぎるよあの人……目は笑ってるのに……連れの男の人は可哀想に……』

「ほら見なさい! 二人だけのお風呂よ!」

「レベッカさんはどうして僕となんか入りたいんですか!?」

「そ、それは別にいいじゃない! 人にこの格好が見られるのが恥ずかしいからよ!」

「ああ! 今の嘘ですね!? 本当は僕にイタズラをしようとしてるんですね!? そうはさせませんよ!?」

「確かに嘘だけどもどうしてそうなるの!?」

 ジンの鈍感さにレベッカは呆れる。

 レベッカは、せっかく二人にまでなって楽しもうと思ったのに、肝心のジンが全く気づいておらず、湯に浸かっている時も警戒され、何も楽しめかなかった。

 二十分程入り、露天風呂のコーナーから出ると、突破エレンが二人の目の前に現れる。

「レベッカさん。貴方さっき恋人限定の露天風呂に入りましたね?」

「ぎくっ!」

「マーシュさんは今はマッサージをしてもらっています。もしばらして欲しくなければジンさんを貸してください」

「そう簡単に……」

「ユニークスキルの事もですよ?」

「わかった。だからやめて!」

「よっしゃ!」

「さぁ、ジンさん行きますよ!」

 僕に確認は取らないんですね。もういいです。そんなに皆して僕と入りたいの? なんで? 全くわかりません。

 次にジンが引っ張られながら来たところは、入浴剤を使ったお風呂だった。

「ここは私たちウルフや毛を持った種族の方達に人気があるんです。一人では中々入れない雰囲気だったので……」

「あぁそんなことか! なら大丈夫ですよ!」

「本当!?」

「えぇ、入りましょう!」

『多分これは本当の意味を理解していないやつです……どうしてこうも鈍感なのやら……』

 これぐらいの理由ならいくらでも聞いてあげるのに! 皆理由を言わないからだめなんだよ。

 エレンの思っている事と、ジンの思っている事は全く違う。だが、エレンは一緒に入れるだけでも嬉しかったので、まぁ良しとした。

 それから暫く湯に浸かる。

 その後も、マーシュやらレベッカやらエレンやらにジンは振り回され、気持ち良くお風呂に疲れることなど少なかった。

 そして、ほとんどのお風呂場を回ったあと、本命の超治療の湯へ行く。

 超治療の湯の場所まで行くと、キラキラと輝くお湯に、たくさんの人が入っていた。そして、そのお湯に浸かっていたほとんどの人が満足気な顔をしていた。

 振り回されてクタクタになっていたジンは、もうその満足気な顔をしながらお風呂に入っている人姿に我慢出来ず、お風呂へ先走る。

「あぁジン! 先に行くなんてずるい!」

 それからレベッカ達も後ろから付いていく。

 ジンは、お風呂にそーっと温度を確かめながら入り、肩を沈める。

 その瞬間、全身から疲れが消えていき、闘いの際にできて治りかけだった傷もみるみるうちに治っていく。

「すごい……疲れが取れるし傷も治る……」

 それに続いて入ってきたレベッカ達も、その絶大な湯の効果に感心する。

 そして、時間を忘れて長い時間湯に浸かる。

 その後は、お風呂場から一旦離れ、それぞれ浴衣に着替えたあと、宿で夕飯が出ると言っていたので戻ることにした。

「はぁ〜! 気持ちよかったですね!」

「そうね! 明日は他の温泉にも行ってみましょう!」

「そこは一人で回ってもいいですよね?」

「「「だめよ!」」」

「ですよねー。なんかわかってました」

 一人で動くことを規制されたため、ジンは項垂れながら宿へ帰るのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く