冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 9

「ただいまー!」

「あ、おかえ……り? そちらの方は……えっ!? もしかしてへレーナ=ワズさん!?」

「そうよ。よろしくね!」

「ど、どうしてここに!?」

「ま、まぁそれには深いわけが……」

 何故へレーナがここに居るのかを、ジンは一から説明する。

「そ、そうなんですか……一応質問なんですけど、私達の部屋では寝ませんよね?」

「当たり前じゃない。さすがに男性がいる部屋では寝れないわ……って言うと思った? 私この子と話したいことがたくさんあるの。だからここで寝るわ」

「えぇぇ……うそーん……」

『せっかくの二人きりがまさかのへレーナさんに邪魔されるなんて……』

 マーシュは涙目になりながらも、この部屋で寝ることを承認する。

 ジンは、とりあえず室内へ入れ、三人で円になる形で座る。

「それで、僕と話したいことってなんですか?」

「そうね……まずは、ジン、君は私が見た限り職業は冒険者だ。なのになぜ君の周りには上級職の子達がいるのかしら?」

「そ、それはですねぇ……」

 マーシュの方を見ながら助けを求める。

 マーシュさん、どうか助けてください。

「嫌だわ」

「声に出しちゃうの!?」

「嘘をついたときは魔法で無理矢理にでも喋らせるわよ?」

「えぇ!?」

 仕方ない……所々で偽って話すしかないか……

「わたりました……それはですね……」

 それからは、自分のステータスの事についてや、どこに住んでいるのかを偽り、あとは本当の事を話す。

「そうだったのね……まぁいいわ。嘘じゃないことはわかったわ」

 ふぅ。なんとか誤魔化せたな……まだ何か訊いてくるのか?

「じゃあもう一つ。これは質問と言うより頼みに近いんだけど……」

「頼みですか? できる範囲なら引き受けますよ?」

「それを聞いて安心したわ。なら単刀直入に言うけれど、私異性の方とお風呂に入ったことがないの。だから私と入らない?」

「……ほえ?」

「だーかーらー、私と温泉に行こうって言ってるのよ?」

 マーシュは口を開いたまま硬直し、ジンは何を言ってるのか考えるのに必死で硬直する。へレーナの顔は、少しだけ赤くなっている。

 この人は何を言ってるんだ? 僕と温泉に行きたいって言ったか? なんで僕? っていうかまずなんで僕? あれ? なんで僕?

「……早く答えを出しなさいジン! 行くの!? 行かないの!? ちなみに行かないって言ったら殺すわよ!?」

「行きます!」

「ならよし! あ、それと補足なんだけど、女の子は付いてきちゃダメ! これはプライベートだからね?」

「はぁ!?」

「「はぁ!?」」

「レベッカさんにエレンさんの声が!?」

 そう思い、声がした玄関の方を見ると、とんでもない顔をしたレベッカとエレンが口を開けて立っていた。

「何よ!? 私は今日初めて全く知りもしない男性に声をかけたのよ!? この長い人生、声はかけられたことはいくらでもあるわ! でも断り続けて160年。ついに私から声をかけた子がとても優しい子だったから、この子と話したいと思ってお風呂に誘っただけよ! 何か悪い!?」

「「「……いえ何も……」」」

 へレーナの乙女チックな本音に、レベッカ達は迫力に負け、何も言い返せなかった。

 ジンはただ、なぜへレーナにお風呂を誘われたのかを、ひたすら考える。が、鈍感なジンには到底理解し難いものだった……

 その後は、ジンとマーシュの部屋で、五人全員で話し合ったり、用意してあったカードゲームをしたりして、へレーナとの交友を深めた。

 数時間遊び、ジンを除いた全員が寝落ちしてしまった。

「あらら……全員寝ちゃった……ってもう十二時過ぎてる! そりゃあ眠たくなるか……仕方ない。部屋まで送るか……」

 まずは、レベッカをお姫様抱っこする、

「レベッカさん軽いな〜。それにいい匂い……っと、危うく変態発言をするところだった……」

 起こさないようにゆっくりと運び、敷いてあった布団に寝かせる。

 次にエレン。

「エレンさんも軽い! それに尻尾が気持ちよすぎる……っと、エレンさんが寝てる時にこれはまずいな……」

 そして、エレンも布団へ寝かせる。

「よく頑張った。僕と僕の抑止力」

 そしてジンは、その部屋を後にする。

 あとは、マーシュとへレーナを布団へ入れるだけだ。

「ここ二人部屋だから布団が二つだけなんだよねぇ……」

 仕方ないと思い、自分が寝るはずだった布団へへレーナを寝かせ、マーシュはその隣の布団へ寝かせる。

「僕は壁際で座って寝ればいいか……」

 壁際までより、壁に背中をもたらせかけ、目を瞑る。が、全く眠れない。

「寝るれねぇよな……なんとかして寝るか」

 だが、この後試行錯誤し、寝るための工夫をするが、気づいた時には既に、外で鳥が鳴いていた……。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 牙羅守

    わたりました→わかりました
    寝ろれねぇな→寝れねぇな
    ではないですか

    1
コメントを書く