冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 11

「もうわかりました。この際胸張って堂々と温泉へ行きましょう」

「そうね……いつまでもこんな事を話し合ってられないものね」

「そういう事なんで、ここからは各自自由行動にしませんか?」

「「「「そうね。じゃあジン。お出かけしましょ?」」」」

「四人揃って何同じこと言ってるんですか…… 僕は行きませんよ? だって一緒に行くとなると僕は引っ張られるだけですからね……」

「「「「嘘じゃん」」」」

「本当ですよ。たまには女同士でお出かけでも悪くないと思いますよー」

「「「「……」」」」

「って事で、僕はお散歩行ってくるんでー!」

 ジンは部屋を出て、夜までの時間潰しをする事にした。

「やっと一人だー! まだ回れて無いところが山ほどあるし、たまには女神様とも話したい。とりあえず何か食べ物を買って人がいない所を探そう」

「「「「……何しましょうか……」」」」

 その後、彼女達はふて寝をして時間を潰すのであった……

 ジンは、まだ行ったことの無い所を周り、美味しそうなものを見つけてはすぐに買い、大きめの袋には、大量の食べ物が入っていた。

「いや〜、買いすぎたな。まぁ食べれなかったら後でレベッカさん達にあげよ〜っと!」

 次にジンは、人が全く通らない様な場所を探す。

 だが、どこもかしこも人が通り、人がいない所など無かった。そのため、仕方なく町から出て、少し離れた場所に森があったので、森へ入っていった。

「初の森だなぁ……うす気味悪いけど大丈夫かなぁ……」

 ばったり人と出会う事も避けたかったため、木のを登り、天辺で買ったものを食べながら、女神と話すこととした。

「女神さまと話すのは久しぶりだなぁ……"女神の加護"発動っと……」

 発動すると同時に、ジンの身体からオーラが発生し、少しだけオーラを抑えながら纏う。

「女神様ー? 聞こえますかー?」

『へっくしゅぉぉおん! うぎゃあ!? ジンが急に声かけるから鼻水か口に入ったじゃない!』

「知りませんよ……っていうか、どうやったら口の中に入るんですか……」

『……よしっと。で? 何のようかしら?』

「いや、暇だったんで、女神様何してるのかなー? って思って話しかけてみました」

『かまってちゃんなのね……いいわ。話し相手にぐらいなってあげるわ!』

「女神様は今何してます?」

『いまー? 今はねー、寝ながらお菓子食べてジュース飲んで寝るだけー』

「デブまっしぐらですね。あだ名更新、バカ女神からデブ女神へ」

『女性にデブとは何よデブとは! 毎回毎回ネーミングセンスが無いのよ! 可愛い女神様とかいうあだ名は付けてくれないの!?』

「ないですね」

『即答!?』

「じゃあ次の話にいきますねー」

『お願いだからデブ女神はやめて!』

「魔王軍の動きってあります?」

『無視!? まぁいいわ……そうねぇ……今のところは無いわよ。何度か邪悪な気が感じ取れた事はあったけれど、大した事も無かったから教えはしなかったわ』

「え? 教えはしなかったって、女神様から話しかけることなんて出来るんですか? この力を使ってない時に?」

『あぁ、教えてなかったわね。この力は私から勝手に発動させることが出来るのよ。便利でしょ?』

「じゃあ発動した時は余程の緊急事態ってことですね?」

『そういう事ね。でもこの力は本来持てないもの。だからもし人目に付いてしまう所で発動した時は許して頂戴ね?』

「了解です。あ、それとですね、今オンセン町に居るんですけど、そこや神の湯って温泉知ってます?」

『あぁ知ってるわよ。確か私のためにあるんでしょ? 私そこまで温泉好きじゃ無いからどうでもいいのよねぇ……』

「えぇ!? それはあの町の人が可哀想じゃないですか……」

『まぁ嫌いってわけでもないの。ありがたいことはありがたいわ。まぁでも入る機会は結局無いわけでね?』

「そうですよねぇ……結局そこなんですよねぇ……」

『うんそうなの。まぁその事はいいわ。他にも何か話すことはあるの?』

「そうですねぇ……特には無いですね。はい」

『えぇ嘘!? 暇だからもっと話そーよぉ……』

「結局女神様も暇なんじゃないんですか……しょうがないですね……」

『時々じゃなくて毎日この力で話をしてくれてもいいのよ?』

「わかりましたよ……」

 それからは、時間まで女神といろいろな事を話したジン。この時間は退屈なものでは無かったと感じており、女神を一人ぼっちにさせるのも、可哀想なので、これからは本当に毎日話そうと決めるのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く