冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

僕が守らなきゃだめなんだ 4

「よしっ、これで全員終わったっと!」

「「「「ありがとう〜!」」」」

「いえいえ! 僕はなんにも得はしてませんがいいですよ!」

「「「「ごめんなさい……」」」」

「まぁ全ての元凶はレベッカさんなので。もう二度と、レベッカさんにはマッサージはしないと決めたところで……」

「お願いそれだけはやめて!!!」

「だって余計な事しか言わないし……」

「そ、それは……あれよ。ノリ的な?」

「はい! もう二度とやりません!」

「嘘よぉーー!!」

 そんなこんながあり、とりあえず今日は寝ることとなり、それぞれの部屋へ戻って体を休めた。

 そして翌日。

「ふわぁ〜〜。朝か〜!」

 ジンは体を起こし、ぐぅーっと伸びをして、毛布をどかす。

「っと、毛布をどかす前に確認っと……」

 いつも見たく、レベッカが布団にいたとなってはたまらないので、しっかりと確認をする。

「よし……誰もいない。ならよしっ!」

 ひゃっほぉ〜! と言いながら、ベットから飛び降りる。すると、着地の際、何故か「ぎゃふっ!」と言う声が聞こえ、ジンは足元を見る。

「こ、これは!?」

 なぜか床にレベッカが寝ていた。これはこれでざまぁみろと言いたい気分だ。

「ふっふっふ……レベッカさん。貴方にお返しをできるなんて、人生でこの上ない嬉しさが心の底から込み上げて来ました……」

「ぐぅ……」

「寝てる。じゃあこのまま毛布で包んで廊下に寝かせておこう。うん」

 そうしようと決めたら行動は早い。迅速にレベッカを毛布で包み、紐で縛ってから廊下に捨てる。我ながら完璧な手際だった。

 数時間後……

「あれ? 私なんで廊下で寝てるの? ジンの部屋で寝てたのに……それになんで毛布が巻かれているの? まさかっ!?」

「ようやく起きましたか。そうです。そのまさかですよ」

「ちくしょぉー! 謀ったわねジン!」

「いやいや、貴方が悪いんでしょうが……全く凝りませんねぇ? これからは寝る前にマーシュさん辺りにでも頼んで、レベッカさんを紐で縛って貰うことにします」

「えぇ!? それだけは……おトイレ行けないじゃない! どうするの!?」

「ま、それは自業自得という事で」

「ひどいっ!」

 その後は、毛布を巻っぱなしで廊下に転がしておくのも、可哀想だと思ったので、紐を解き、毛布を取り、注意をしてから部屋へ戻った。

 今の魔王軍の進行状況が気になったため、部屋に戻ったジンは、"女神の加護"を発動した。

「女神様ー! 今魔王軍はどれくらい来てます?」

『いいところに来たわ。少し進行速度が上がったわ。このままだと明日の夜には着くでしょうね……』

「本当ですか!?」

「えぇ。それと、気になることが一つだけあるのよ……」

「なんです?」

『魔王軍の邪悪な気の中に、三つだけ全く違った気が混ざってるのよ……多分これは人間の気だわ……気絶して弱々しい気しか感じられないけれど……』

「人質ですかね……助けなきゃいけないですね。それは」

『えぇ。そうね……』
「そんなに深刻にならなくても、僕がちゃちゃっと助けますよ! へレーナさんもいますし!」

『え、えぇ……そんなに簡単に助けられれば良いのだけど……』

「じゃあ力を切りますね〜! また何かあったら女神様の方から報告お願いします!」

『わかったわ』

「では」

 "女神の加護"を解き、女神とジンの通信は途切れる。

『何か嫌な予感がするわ……大丈夫かしら……最悪の場合は私が……』

 女神は密かに、心を決めるのであった。

 まだ朝で、特にする事のなかったジンは、何か起きても大丈夫なように、全ての装備を身につけていた。

「三人か……絶対僕が助ける。助けなきゃいけないんだ……」

 沸沸と闘士を燃やし、人質を取っていた魔王軍に苛立ちながらも、冷静になるために深呼吸をする。

「人質だけじゃない。レベッカさんとマーシュさんとエレンさん、無いとは思うけれどへレーナさんも僕が守らなきゃ」

 ジンは心に誓う。死んでも守り抜くと。手がもげようと、足がもげようと、目が無くなろうと、何があろうと、皆を守り抜くと。

 その気持ちがジンを昂らせる。

 そして、その時はやってくる。

「皆さん、準備はいいですか?」

 四人は黙って頷く。そして、門の前で魔王軍達を待ち構える。

 それから数分後、魔王軍らしき影が見え始める。その影は無数に増えていき、その数の多さに、ジン達は圧倒される。

 そして、戦闘を歩いている五人の内、三人が人質らしき人物を抱えている。

「あれが人質か……ん? あれは……」

 その見覚えのある人物に、ジンは目を細めて確かめる。

 そして、その人物が誰なのかを理解した時、ジンは目を見開き、言葉を失った。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー208117

    三人てもしかして弱点克服に行った三人?

    4
コメントを書く