冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

僕が守らなきゃだめなんだ 9

「なんで女神様が……」

「これはこれは、なんと幸運な。女神とか言ったか? それが本当なら魔王様もお喜びになるだろう」

「こ、ここは逃げましょう! レベッカさんマーシュさんへレーナさん!」

「無駄ですよ?」

 ムルドがそう言うと、レベッカ達を一瞬で気絶させ、レベッカ達は力なく倒れていく。

「ま、まずい!!」

「貴方を逃がすと思いますか?」

「くそ……」

 逃げた先にムルドが先回りし、逃げ道が無くなる。今の力じゃ倒すことは愚か、傷をつけることすらできず、ジンはもう諦めかける。

 あぁクソォ……短ぇ人生だったなぁ……皆を救うことは出来ないし……逃げることも出来ないし……やっぱ僕は弱いな……

「何か最後に言い残すことはありますか? 墓場には刻んであげますよ。遺言としてね?」

「はは……遺言か……そうだなぁ……」

 ジンはもう、何も考えられなくなった。自分は弱い。無力だ。たかが冒険者だ。ただただ、自分を卑下し、自分の力の無さに失望した。

 レベッカさん、マーシュさん、へレーナさん、ダイコさん、ラン、ネイン、ごめんなさい。もう、僕にはどうすることも……

 目に浮かぶ涙。

 その涙が、頬を伝い、地面に落ちた瞬間だった。突然全身に寒気が走る。

 あぁもう死ぬ前だからビビってんのかなぁ……嫌だなぁ……死にたくねぇよ……

 そのまま、目を瞑る。その場で脱力をしてただ立ち尽くす。が、いつまで経っても攻撃が来ない。

 なんでいつまで経っても殺されないんだ……

 そう思い、ジンは顔を上げる。すると、目の前にはピクリとも動かず、ただ上を見上げているだけのムルドが目に映る。

 何を見て……

 そう思い、ジンもムルドの見る方向を見上げる。そして、全く同じリアクションをする。

『双方闘いを辞めなさい。これは絶対なる規則、破った者は即座に殺す』

「おやおや……まさか貴方のような方が地上に降りてくるとは……これは予想外ですねぇ……」

『両者共に手を引きなさい、今は我が仕切る。我は絶対中立者だ。故にどちらの味方もしない。よいな?』

「畏まりました」

『うむ。そちらの小僧は?』

「わ、わかりました……」

 ジンの見る方向には、真っ赤に燃え盛るような色をした鱗に、とても巨大な翼、そしてとても長く頑丈そうな尻尾。その大きさは全長十メートル以上はあるだろう体をしながら、軽々と空を飛んでいる龍がいた。

『よし。ならば今すぐ手を引くのだ。良いな?』

「仕方がありませんね……わかりました。この場は手を引きます。貴方とは絶対に闘いたくは無い。おいハーフエルフの女、行くぞ」

 ランは黙ったまま頷き、ムルドへ付いていく。そのまま飛んでいってしまい、呆気なく闘いは終わってしまう。

「ラン……それに女神様……ダイコさん……ネイン……」

 ジンは悔しくなり、地面を何度も殴りつける。大量の涙と血を流しながら。

 レベッカ、マーシュ、へレーナは気絶していて起きる様子は無い。

 暫く泣いていると、突然赤い龍がジンに喋りかける。

『貴様がこの世界に女神に呼ばれた異世界人か?』

 その言葉を聞き、ジンはなぜ自分のことを知っていて、女神のことを知っているのかと思い、顔を上げる。

『まぁそう驚くのも無理もない。説明は後でしよう。今は彼女達を宿へ運ぶのが先だ』

「わ、わかりました……何故手伝って……」

『説明は後と言っただろ? 我も擬人化して手伝う』

 そう言うと、赤い龍は人の形になる。赤い髪をしたパーフェクトと断言出来るほどの体型の女性になる。

 ジンは鼻をすすり、立ち上がってからレベッカとマーシュを抱える。へレーナは赤い龍が抱え、宿へと戻る。

 門の中では、エレンが忙しそうに働いていた。

「あ、ジンさん! 終わったのですか? それとそちらの方は……」

「いえ……負けました。仲間を二人、いや三人失いました……この方の説明は宿へ戻ってから。取り敢えず危険は去ったので、町の人に安全を伝えてください」

「そうだったんですね……わかりました。伝えてきます」

「お願いします」

『貴様は強い。よく堪えることが出来た』

「女性の前で泣くことはできませんよ……」

『我は入らぬのか?』

「はは……そうでしたね……」

 そのまま、ジンと赤い龍は、レベッカ達を宿へと運んだ。

 宿まで運んだ後、エレンが合流し、エレンには三人の看護をして貰い、ジンは赤い龍と話し合いをする事にした。

「それで、なんで僕達を助けるのです? 絶対中立者じゃないんですか?」

『まぁ待て。そう焦るでない。そうだなぁ……まずは我が何故地上に降りてきたかを説明しよう』

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く