冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

与えられた試練 1

 敗走から翌日、目を覚ましたレベッカ達に、赤龍が仲間に加わった事と、今のジンの現状を報告する。

 何も出来なかったと、三人は落胆した。が、レッドが励ましの言葉を掛け、三人は気を取り直す。

 レベッカ達は、まだダイコとネインに手向けの言葉を掛けてなかったため、昨日急遽作った墓場へ行き、手を合わせる。

 その後、本当の別れを言いに、ダネットの元へ行く。

「そうか……ジン、俺はお前を信じてる。だからその剣を託した。重いと思うかもしれねぇがこれだけは言っておく。絶対に死ぬな。魔王をお前の手でぶち殺せ」

「はい」

 ジンとダネットは、熱い握手を交わす。そして、ダネットはへレーナへと向く。

「ジンを頼みます。まさかへレーナさんが一緒に居るとは思いませんでした。俺が見込んだ男です。コイツならやってくれますよ」

「任せて! 今回は何も出来なかった。だから次は少しでも活躍して、ジンの手助けを出来るようになってみせるわ!」

「なんかダネットさんが僕の保護者みたいな事を言い出してビックリしましたよ……」

「まぁ剣を預けた者としてな? ……頑張れよ」

「……はい!」

『別れの挨拶は済んだか? ならば逝くぞ。我が城へ』

「ではダネットさん、また何処かでお会いしましょう」

「おうよ!」

 挨拶を終え、ジン達は町の外へ出る。そして、少し門から離れた場所で、レッドは龍の姿へ変身する。

「私、長い年生きてきてるけど龍に乗るのは初めてだわ……見るのも初めて……」
「本当に龍なのね……初めて見るわ」

「わ、私なんだか緊張しますぅ〜」

「私もです……」

「そんなに緊張しますか? 僕はそんなに緊張しないんですけど」

「「「あなたは馬鹿だからね」」」

「馬鹿とはなんですか! まぁぐうの音も出ないんですけどね?」

『良いぞ。乗れ。しっかり捕まっとるのだぞ?』

「わかりました!」

 ジンは、少しワクワクしながらレッドの背中に乗る。続いて、怯えながらもレベッカ、マーシュ、エレン、へレーナは乗り込む。

『全員乗ったな? では飛ぶぞ!』

「わぁーい! 楽しみだなぁ!」

『ふっ……後で怖くて泣いても知らんぞ?』

「怖い? そんなわけ無いでしょう!」

 五分後……

「ぎゃぁぁあ!!! 怖い怖い怖い落ちる落ちるオチるぅ〜〜!!」

「「「「やっぱり貴方は馬鹿よ。ジン」」」」

「レッドさんスピード落としでぇぇぇえ!」

『はぁ……お主を育てると考えると頭が痛くなってきたわ……』

「うわぁぁぁぁあ!?!?」

 それからは、少しスピードを落とし、ゆっくり目に飛行をする。

 暫く飛んでいる中、誰もが思っていた疑問を、へレーナがレッドへと尋ねた。

「レッドさん、私達は何処へ向かっているのですか?」

『おぉ、言うのを忘れておった。これから向かうのは我の城がある国、アルゴネズムだ』

「あ、アルゴネズム!?!?」

 その驚いように、ダウンしていたジンが、へレーナへと訊く。

「へレーナさん、アルゴネズムって何処なんですか?」

「アルゴネズム……この世界で最もやばいと言われている国よ……そこら中に強敵モンスターがいる場所ね……私も一度行ったことがあるのだけれど、あそこは休んでる暇なんて無いくらいにモンスターがうじゃうじゃ居るわ……」

「そ、そんな場所へ行くんですか!?」

『安心しろ。我の城は山の頂上だ。それに我より強い者などそこにはいない。だから襲われる心配もない』

「レッドさんが言うと説得力ありますねぇ……」

『修行には持ってこいの場所だがなぁ?』

「今聞き捨てならない言葉が聞こえたんですが気の所為ですか?」

『気の所為だ。我は何も言っとらん』

「ふぅ、良かった!」

「「「「これはもう確信的な馬鹿ね。今のを信じるあたり耳が腐ってるのね」」」」

「四人して声を揃えて何を言ってるんです?」

「「「「…………」」」」

「あれ? まぁいいか」

『あ、言い忘れておったが、我の城へ助っ人を読んでおる。我はジン専属監督だ。だからお前ら女達には他の龍を呼んでおいた』

「「「「ほかの龍?」」」」

『少し変わったヤツでなぁ? 人間に興味があるらしくてなぁ、人間の弟子が欲しいと言っておったので誘ってみた所、喜んで火を吹いていたわい』

「ど、どんな龍なのかしら……」

 へレーナの口に出した疑問に、レベッカとマーシュとエレンは、頭の中で想像する。

『まぁ一つだけ言っておくとそいつは白龍だ。我の次に強いぞ?』

「「「「へ、へぇ……」」」」

 四人は、全く想像出来なかった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く