冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

与えられた試練 6

『ここだ』

「これまたデカい部屋だなぁ……」

 ジンが案内されたのは、城の中にある一つの訓練場だった。それがまたデカいのなんの。ジンはもうこの感覚には慣れてきてしまっていた。

 普通の宿とかに泊まった時に、変ななりそうで怖いなぁ……

 ジンはそんな事を思いながらも、ズカズカと部屋の中へ入る。そして、ジンは指定された場所に立たされ、目隠しをされ、待ってろ言われた。

「レッドさーん。いつ魔法を撃つんですかー?」

『もう少し待ってろ、我も定位置までもうすぐだからな』

「はーい。撃つ時は言ってくださいねー?」

『それを言ったらこの訓練の今がないだろ? いいか、神経を研ぎ澄まして魔力を感じるんだ。これができるようになれば相当強くなれるぞ。時々殴りにも行くからそのつもりでな』

「殴りに来るんですか!? ……そうか、それも感じ取れと……わかりました。やってやりますよ!」

 ジンは、二度自分の頬を叩き、気合を入れる。

「よっしゃばっちこ……ぐはっ!!」

『何を叫んでおる? そんなことでは神経を集中させることは難しいぞ?』

 もう魔法撃ってたのね……それにかなり威力高ぇし……体力持たねぇよ……

 ジンは直ぐに気を取り直して、全神経を集中させる。

 だが、この特訓中、ジンは避けるどころか、反応することもできずに、今日の特訓は終了する。

「痛たぁ……レッドさん、殴る時本気で殴りました? 顔が腫れすぎて原型を留めてないと思うんですが?」

『き、気のせいだ。安心しろ。カッコいいか……』

「ちょっと、なんで言葉に詰まるんですか? そんなに酷いんですか!? ねぇレッドさん!?」

『だから安心しろ。然程酷くはない。多分……』

「今最後なんて言いました? 多分って言いましたよね? あぁこれは絶対笑われる……」

 食事部屋へ向かいながら、そんな事を話ていると、目的地へと到着する。

 ジンは、下を向きながらドアを開き、席へと着く。

 すると、レベッカ達も何故か下を向きながら入ってくる。

「ねぇジン、何でしたなんて向いてるの?」

「レベッカさん達こそ、何で下なんか向いてるんですか?」

 マーシュ、エレン、へレーナも下を向いている。ジンは、顔の腫れがバレない程度に、ほんの少しだけ顔を上げて確認する。それはレベッカ達も同じ事をしていた。

「じゃあレベッカさん、同時に顔を上げませんか?」

「嫌だわ。断固拒否するわ」

「そんなに自分の顔に自信がないんですか?」

 ジンは煽るように言葉を投げる。その言葉に、レベッカは煽り返す様に言葉を投げる。

「ジンこそ。元々自信なさげだった顔がもっと自信が無くなったのかしら?」

 そして、二人は顔を上げ、目線を合わせる。そして、二人そろって「「あっ」」と声を出す。馬鹿な二人だ。

 そして、二人はお互いの顔を見合わせ、その悲惨な顔に二人は吹き出す。

「何その顔! 顔がもう一つある様だわジン!」

「何ですかその顔は! 顔面の中にタコでも飼ってるんですか!?」

 そんな冗談を言い合い笑う二人、続いてマーシュ、エレンと顔を上げ、ジンの凸凹な顔に吹き出す。そしてジンもマーシュとエレンの顔を見てさらに笑う。

 へレーナは本当に見られるのが嫌だったのか、顔を押さえて出ていってしまった。

 散々笑ったあと、それぞれ何があったのかを話し合う。

「ジンは何があってそんな顔になったの?」

「それがですね? 魔法やレッドさんの殴打を、目隠しをして避ける。というのをやっていたんですけど、レッドさんが容赦なく顔面を殴ってきて、気づいたらこうなってました。ね? レッドさん!」

『そ、そんな事したかのぉ……?』

 レッドは、ジンの痛い視線を浴びながら、何とか動揺を隠す。

「レベッカさん達は何があったんですか?」

「似たようなものよ。ホワイトさんが皆と一対一をしたんだけどね? 何でか私たちの顔を容赦なく殴ってきたのよ。勿論それぞれよレベルに合わせて闘ったのだけれども。ですよね? ホワイトさん!」

『え、えぇ。私は優しいからねぇ〜! 平等主義なのさ!』

 ホワイトはどうも動揺を隠せていない。最強とも謳われる龍二人が動揺をするなんて見た事があるだろうか? いや、ない。ジン達は、ひたすらに二人の龍に、怒りの視線を浴びせ続けた。

 その後、まぁこれも訓練だという事で納得し、食事を終えた一同は、お風呂へ向かった。

「じゃあ僕はこっちなので。また後で」

 ジンはそう言って男湯へと向かう。こんな女ばかりの所に男湯があると言うのも変な話だ。

 ジンは服を脱ぎ、一人だけという優越感に浸りながら湯船に飛び込む。

「はぁ〜! やっぱ一人はいいなぁ〜! レッドさんを振り払うのは大変だったけど……それに、あの温泉ほどでは無いけれど、いい湯だなぁ〜」

 その頃……

「いいわね? 合図に合わせて突入するわよ?」

「わかりました……」

 蠢く怪しい影が四つ、ジンの元へ迫っていた……

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く