冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

与えられた試練 7

「はぁ〜、極楽極楽……」

 いい湯だなぁ、ホントに……

「行くわよ? 三、二、一……」

「よし、体を洗うか……」

「ごぉー!」

 ジンが浴槽から出て、体を洗いに行こうとすると同時に、お風呂のドアが勢い良く開かれる。その突然の出来事に、ジンは驚きの声を上げる。

「うぎゃぁあ!?」

「「「「一緒に入るわよー!!」」」」

「ふざけるなぁー!!」

 四つの影。それはいつもの四人だ。レベッカ、マーシュ、エレン、へレーナ。お風呂の時は大体こうなる。

 ジンは叫び、逃げようとしたところを抑えられ、抵抗できず、レベッカ達に従わざるをえなくなった。ジンは、ただただ落ち込んだ。

 もう何も隠すことをせず、同等とお風呂に入っている四人を見て、ジンももう隠すことをしなかった。

「それで? どうして男湯に入りに来たんです?」

「そんなの簡単よ。女子だけじゃ味気ないじゃない?」

「何が味気ないですか! 毎度毎度、僕は独りで入りたいんですよ! ゆっくりさせてくださいよ!」

「何よそんなに怒って。少しは喜びなさい? こんな機会滅多に無いわよ?」

「決めた。僕はお風呂の時間をずらします。こっそり入ります。もう決めた。ふんだ」

「まぁそれならそれでいいわ」

 その後は、何だかんだ言っといて、会話を楽しんだ。ジンも本気で怒っている訳ではい。ただ恥ずかしいだけなのだ。

 お風呂から上がり、披露のせいで眠気がどっとくる。ジンは眠たい目を擦りながら廊下を歩き、部屋へ入る。

 殆ど目が開いていない状態でベットへ潜り、三秒で夢の世界へ行く。この時、ジンは気づいてはいなかった。隣で眠っている者の存在に……

 翌朝、目が覚め、起き上がろうとする。が、何故か体が重くて起き上がれない。まだ意識が朦朧としていて、視界もぼやけていたため、何が乗っているのかわからなかった。

「うぅ……重い……」

 体の向きは変えられたため、横向きから仰向けへと体勢を変える。すると、仰向けになった瞬間に突然口が塞がれた。

「……!?」

 ジンは訳がわからず、手を使って上に乗っている何かをどかそうとするが、両手も塞がれ、何も出来なくなる。

 な、なんだこれ!? 柔らかい……えっ!? 何か口の中に……これは……誰かの舌か!?

 ようやく視界が戻ってきて、その何かがようやくわかる。それを知った瞬間、ジンは急激に顔が赤くなる。そして、

『やぁおはようジン。目覚めのキスはどうだったか? 我ながら良いものだな』

 そう。ジンは隣で寝ていたレッドに、熱いキスをされていた。それもかなりディープな物だ。

「ぼ、僕のファーストがレッドさんに……」

『なんだ初めてだったのか? 我が初めてで良かったな。ちなみに我も初めてだ。お互い様だな』

「良いわけないでしょうがぁ〜〜!」

 その叫び声は、城の中を駆け巡った。

 ジンはさっきの感触が頭から離れなくなる。初めてがまさかの龍だ。しかも最強と謳われる龍だ。それを考えただけでジンは顔が赤くなる。それに人の姿は美人ときた。ジンはこの事は一生忘れないだろう。

 この事はレベッカさん達には黙っておかないと……

『なぁジン、もう一度いいか?』

「……はい?」

 今なんて言ったんだ? もう一度って……えっ!?

 再び、ジンはレッドに唇を奪われる。今回のキスは訳が分からない。

 その時、ジンは思った。ここにレベッカさん達が来なくて良かった、と。次の瞬間。

「ジンまだ起きてないのー?」

 こ、この声は!?

 そして、その時は訪れる。お決まりのパターンだ。濃厚なキスをしている所を、次はエレンとへレーナに見られる。二人の口は、顎が外れるんじゃないかと言わんばかりに開いていた。

 終わったな。僕はこの先の展開がわかる気がする。まずはへレーナさんがレベッカさんに言う。そして四人で作戦会議。そしてフルボッコ。ここまでは想像出来るな。

 レッドもようやく気づき、ジンの唇からゆっくりと唇を離す。

『なんだそんな顔をして。お主らもするか? 今なら黙っててやるぞ?』

「「えっ!?」」

 待って待って。何を言ってるのこの龍は。一緒にするかだって? そんな事は絶対にする訳がない。だってする理由が無い。だから……ちょっと? 何をそんなにギラギラした目で近寄ってくるんですか!? お願い助けて!!

『ま、やらせはせんがな?』

 そう言って、レッドはジンを強く抱きしめる。

「「えっ……」」

 く、苦しいぃ……

 この後、ジンはいつものように、レベッカ達にリンチにされました。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー322077

    全体的に誤字脱字が多い。

    0
コメントを書く