冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

与えられた試練 9

『すごいぞジン。完璧とはいかないが、大体の位置が把握できるようになってるではないか!』

「僕もビックリですよ……さっきは魔法を感知して避けられたり、今は初めてやってみた特訓でいい成果出せたし……なんででしょう?」

『我にもわからん。だが確実に成長はしている。この調子でこの先もどんどん成長してくれ。そして我と組手をするのだ』

「わかりました! 頑張ります!」

『よし。じゃあ今日は終了だ。今日はちと豪華な料理にしようかの!』

「やったぁ〜!」

 まぁいつも豪華すぎるんだけど……あれ以上豪華ってなると、どんな料理が出てくるのやら……レベッカさん達はどうかぁ〜!

 ジンは浮かれながら、部屋へ戻り夕食まで待つ。自分の成長を実感できたことに、今は感心していた。が、それもすぐに無くなる。

 夕食の時間となり、ジンはスキップをしながら食卓へ向かう。いつもなら、扉の向こうから騒がしい声が聞こえてくるのだが、今日はやけに静かだ。

 そんなことはお構い無しに、豪快に扉を開く。

「ご飯だぁ〜!」

 ジンはそう叫びながら笑顔で入る。が、その笑顔も一瞬で消える。

『ジン、ここに来い。話がある』

「……なんでレベッカさん達がここに居ないのか、その理由でも話してくれるんですか?」

『……あぁ』

 ジンは早歩きでレッドの隣の席へ座り、話を聞こうとレッドへ訊く。

「それで、話とはなんですか?」

『正確には我からではない。ホワイトからだ。早く入ってこんか!』

「ホワイトさんから……?」

 レッドがそう叫ぶと、ジンが入ってきた扉とは逆の扉から、下を向きながら恐る恐る、ホワイトが入ってくる。

『ホワイト、確かにお前の責任でもあるが、あれは彼奴を望んでやった物、だから仕方がないのだ』

「なんの話ですか?」

『それはなぁ……』

『いいわ、レッド。私から話す……』

 レッドが話そうとすると、ホワイトはそれを遮って喋り出す。

『私は、魔法を得意としているというのは言ったわね。それで、私が使える魔法の中に、少し変わった幻惑魔法があるの。それは、その人の過去にあった、最も最悪な出来事を見させる、と言う魔法があるの……』

 そこまで言うと、何故か落ち込んだ顔が更に険しいものとなる。

『それでね? 実はへレーナちゃんに、その魔法を掛けて、過去の事を克服させる特訓をしていたの。彼女は特に過去の事を根に持っているのが私にはわかったから』

 この時、ジンは特訓初日の事を思い出す。

 あぁそうか……だからあんなに辛そうな顔をしていたのか……ってことは、無理矢理笑顔を作って……

『それを一週間続けて、段々と良くはなってきたのよ。そんなある日よ。私にレベッカちゃんが訊いたのよ。「へレーナさんはとんな特訓をしてるんですか?」って。だから答えたの。そしたら皆もやりたいって言ったのよ。確かに他の子達にも見えたわ。だけどそこまで深刻な物では無かったから違う事をさせていたの。そうも言ったわ。だけどやりたいって迫ってきたのよ……』

「それで、その幻惑魔法を掛けた、と……」

『えぇ。問題はここからよ。私の意思で、その魔法を操作できるの。だからね、幻惑魔法を掛けてから暫くして、その魔法を解こうと思ったの。だけれど幻惑魔法が解除出来ないのよ……こんな事は前には無かったの。それに、この魔法は使い方によっては本当にまずいものなのよ……』

「それは何でなんです?」

 ホワイトは、少し言うのを躊躇うが、すぐに切り返して言葉にする。

『その魔法、その者の精神を蝕んで行くのよ……つまり、時間が経つと彼女達は我を忘れ、普通に生きていく事が出来なくなる。一生ね』

「……!?」

 ジンは椅子を倒して立ち上がり、ホワイトの元へ一瞬で駆け寄る。

「どうすれば助けられるんですか?」

 ジンは苛立ちを隠しながら訊いたつもりだったが、それは出来なかった。顔に苛立ちが前回に出ていた。

『本当に申し訳ない。私にもわからいんだ。何百年って生きている中で、こんなことは一度も無かったんだ。これは私の未熟のせいだ』

「それは気にしてません。むしろありがたいと思っています。特訓をして頂いていたので。ですが僕が訊きたいのはそうじゃない。レベッカさん達を助けられるか助けられ無いかです」

『……あるわ。但し覚悟して欲しい。ジンちゃん。貴方も同じ目に会う可能性があるということを』

「僕はどうなってもいい。ただ、僕はレベッカさん達を助けないといけない、守らないといけない。理由はそれだけあれば純分です。今すぐ行きましょう」

『……わかったわ』

 ジンたちは、急いでレベッカ達の元へ向かった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • くりす

    なに?これって1話に1回
    誤字があるの?

    4
コメントを書く