冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう負けない 1

『ジンよ、お主も中々強くなってきた。我が保証しよう。次からは我と試合形式で特訓だ。負けた方はお風呂で背中を流すという罰付きだ』

「罰付きなんですか!? まぁ長い間一緒に居ればどうってこと無いですけど……」

『ほらほら、気を抜くな。最後だ。キッチリとやりきれ』

「はい!」

 ジンは今、目隠しをしたまま、ランダムな位置から、強力な魔法が放たれ、それを弾くという特訓をしていた。

 ジンはかなり成長していた。この一ヶ月でかなりの成長っぷりに、レッドは内心では驚いていた。敵の得意な属性魔法を見極めることや、細かな殺気を感じること、気配だけで敵の位置を探るなどの、様々な特訓を積んできた。

 ジンは、後ろから放たれる魔法を一瞬で感じ取り、それを手刀で弾き飛ばす。その魔法は、魔法障壁に当たり爆発する。

『よし、完璧だ。全弾弾き返したな。良くここまで成長した。明日からは我が"本気"で相手をしてやる。覚悟しておけ?』

「ほ、本気ですか……まぁいいです! 僕の強さに驚かせてあげますよ〜!」

『フン、少し成長したくらいで、我より強いと言わぬよな? そんな事は絶対に無いがな?』

「いえいえ、わかりませんよぉ?」

『面白い。明日の特訓が楽しみだ』

 ジンは目隠し外し、レッドと視線を合わせると、二人は高らかに笑う。時刻は夕方、そろそろ夕食だ。

 この一ヶ月で成長したのはジンだけではない。レベッカ、マーシュ、エレン、へレーナもかなりの成長を遂げていた。

 レベッカは、レベルが200を突破し、新たなユニークスキル"絶対攻撃"を身につけた。それは、防御力を無視して攻撃を与えられる、というかなりのチート性能だ。

 次にマーシュ。マーシュも同じく、レベルが200を突破し、同じくユニークスキルを身につけた。それは"超回復術"というものだ。これは、回復魔法に必要なMPを半減、回復量がかなり上がる、というものだ。これもかなり強い。

 次はエレン。エレンは、レベルが1からのスタートだったが、獣人族という事もあり、元々のステータスが高かったため、成長は早かった。今ではレベルは100を超え、ユニークスキルも二つ覚えるという好成績を残した。
 一つ目は"ウルフパワー"というもので、これは、自身の全ての能力値を二倍に引き上げる力だ。但し、これには制限時間があり、今はまだ五分しか使えない。
 二つ目は"索敵"というものだ。これは、半径二キロ圏内の敵を見つけ出せるというものだ。ただし、これも制限付きで、十分に一度しか使えない。

 最後にへレーナ。へレーナは、レベルが最大の300に到達し、特にユニークスキルは覚えはしなかったが、忘れたい過去を克服したため、伸び伸びと闘いに挑めるようになった。新しい魔法を覚え、今はその特訓中らしい。

『よし、ジン。そろそろ夕食の時間だろう。行くぞ』

「はい!」

 丁度一ヶ月前にあった、幻惑魔法への外部からの干渉。あれは、魔王軍によるものとしていた。ムルド様、と敵の奴も言っていたため、多分間違いない。だが、それ以来、一度も攻めてくる気配は全く無かった。なぜ攻めてこなかったのかは、ジンには分からなかった。

 ジンはふと思った。あとどれくらい特訓は続くのか。こんなに特訓に時間を掛けても大丈夫なのか。魔王軍は、なぜあれ以来攻めてこないのか。様々な疑問が頭に浮かんだが、すぐにその考えを捨てた。そして、ジンは歩いて食卓へと向かった。

 廊下を歩いて行き、食事部屋の前まで来ると、部屋の外にいるというのに、賑やかな声が聞こえてくる。ジンはゆっくりと扉を開け、一言「お腹すいた〜!」と言いながら部屋へと入る。すると、皆は「遅いよ〜! ジンの分まで食べちゃうところだったわ!」と言ってくる。ジンは、笑顔で席につき、みんなと食事をした。

 食事の後は、明日の特訓に備えてすぐに寝た。ジンは少しワクワクしていた。

 一ヶ月前は、歯も立たなかった相手だが、今は違う。それに、ジンは隠している事もある。ユニークスキルの事だ。それはまだ誰にも話していない。

「あぁ〜! 明日が楽しみだなぁ〜! レッドさん、僕の強さに驚くんだろうなぁ〜!」

 ジンは心踊らせながら眠りにつく。明日の特訓の事しか頭には無かった。

 だが、ジン達は油断しきっていた。一ヶ月も、何もしてこなかった魔王軍に。何故一ヶ月も"手を出して来なかったのか"。

 そして、その理由を知るのは、翌日の事だった。

 ジンは目が覚め、起き上がり、欠伸をしながら身体を伸ばす。

「ふぁ〜! さぁ今日はレッドさんとの特訓だ! 気合を入れて……」

 ジンが、そう言いながら、外の異変にすぐに気づく。

 ジンは、走ってベランダへ向かい、勢いよく扉を開けると、そこにはレッド、ホワイト、へレーナが外を見て立っていた。

「外の様子が……!」

『まぁそうのんびりはさせては貰えなかったか……こんな所まで来るとは、魔王軍もいよいよ我らを殺す気だな? ……おぉジン、それは分かっておる。見ろ』

「これは……」

 ジンは、外のその光景に、唾を飲み込む。

 そこには、千はいるだろう羽根を生やしたモンスターが、目の前には飛んでいた。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く